スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらないヒト

3月11日ですね、2年経ちましたね。
だからと言ってなんか啓発したりをするというわけでもなく。

語られるべきことなんてどっかで誰かが語り尽くしているだろうし、
言うほどあの日以降の震災に関する話を人並み以上に興味を持っているわけでもなし。
じゃあ何が言いたいのかといわれるとなんなんだろうなと考える始末。
うーむ、どうしようもない。

丁度地震があった時のことを思い出すと、
今と同じようにだらだらネットを覗いてましたね。
収まらない揺れが大きくなっていく中、裸足で外へ逃げたしたのは
居ても立ってもいられないほどの恐怖を初めて地震に感じたからでした。
テレビをつければ原発が爆発する様子が流れ、
一体これから先どうなるのだろうかと思っていましたが、
案外自分の生活というものは変わらず、時間だけが過ぎていき、
気づけば心のなかの被災地への関心というものは風化していて……

「忘れないで」という話を最近の被災地の話ではよく聞きます。
確かに日ごろ関わり合いのない生活圏で暮らしている人たちは関係ないけども、
被災地で暮らしていた人たちにとってはまだ傷跡は塞がってはなく、
むしろまだまだ問題は山積みなわけで。
もしかしたら未だに暮らしの中で余裕が生まれないという人もいるでしょう。
そんな一方で日がな一日どっぷりオンラインゲームに浸かって、
運要素の強いコンテンツに対して「くそったれ!」なんて言ってる自分は
とっても幸せな人間に分類されているのだろうなと思ったり。

そんな人達と自分の違いを考えると、やっぱり、
当事者と第三者では大きな壁があるよなということです。
めまぐるしく変わる環境に対応して変わらざるを得なかった人と、
大きな関心を持ちつつも関係のないことだと変わらない毎日に戻っていく人とじゃ、
覚悟考えその他もろもろぜんぜん違うでしょう。

自分がもしも被災地にいたら今とぜんぜん違う人間になっていたでしょう。
当然のことではあるけれども、それを考えるとなんだか不思議な心地になるんですよね。
文字通り現実味がない……とね。
津波の映像や気仙沼の大火災、あったはずの恐ろしい出来事だって
知ってはいるはずなのに事実だと感じられないのは……
自分の中でそれらのことをまだちゃんと消化できていないから?
自分の身の回りに起こりうることだと思いもしていないから?

なにはともあれ今日も自分は幸せに生きていることを実感。
つまらないことなんてくよくよしている場合じゃないねー。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。