スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選ばれる本

今日は大学で本の整理のバイトをしていました。
重いし、埃っぽいし、暑いし……結構だるい作業でしたね。
読まれなくなった本というか、あまり使われなくなった本の整理ということなんで、普段は関係者以外は立入禁止の建物に入ってやっていたんですけど、まあ本の多いこと多いこと……
図書館だけでも何冊あるんだと思ってたのに、それ以外の建物にまでこんなにもあるのかと驚きましたから。

殆どの本というか、ほぼ全部の本が技術書や指南書だったりするので、あんまり内容には興味がなかったんですけど、作業の合間に適当にとって貸し出しカードを見ると借りてる人がほとんどいない、または全く借りられた形跡がない……
そういうものがあって、かつ、そりゃあそうなのかもしれませんけど、需要があったからこそ本になって、そしてこの大学にきたわけじゃないですか。一回も読まれないままお蔵入りなんて本としてのアイデンティティなしですよ。
人間でいうなら、人生を全く肯定されることなく寝たきり生活ですか。

なんとも言えない寂寥感ってやつがありましたよ。

で、帰ってきたら、ラノベの編集部の話がネットで話題になってるじゃないですか。
ラノベでさえ大量に出てるなあと思いますけど、読まれる本というか、売れてる本なんてごく僅かなわけじゃないですか。
大変だなあと思わずにはいられませんって。
まあそのあと、Webで読める話を読んで同情する気もどっかに離散しましたが。

有名な作家の話だったと思うんですけど、その人は人生で読める本の数を計算して、あまりの総量の少なさに絶望したっていうのを読んだことがあるんです。一生に読める本の数で調べるとそういう話は大量に出てくるので、具体的な数はここには書きませんけど、そりゃあまあ少ないわけですよ。
自分も今から死ぬまでに読む本の数は500冊行かないと思うんですよね。(漫画を除いてです)
となるとですよ、やっぱりなんでもいいから本を読みたいなという気分になった時に選ぶのは、人気の本や、おすすめの本なわけで、よっぽどじゃない限りは冒険しようとは思わないんですよね。
そう考えた時に、本を書くことってすごく難しいんじゃないかって思うんです。
つまりは、選ばれる本を書くことなんですが。

自分の場合は元々は本嫌いだったわけなんですけど、中学に入ってからライトノベルや青い鳥文庫を大量に読んで、ああ読むことって楽しいんだなって思うようになったんですよ。
今となると、もうその類の本を読むのはあんまり好きじゃないんですけどね。
でも、ライトノベルの価値っていうのは解っているつもりです。
結局言いたいことは何なのかはここまで書いておいて自分でもよくわかってないんですけど、たぶんこういうことじゃないかなと。
ほんとうに自分の伝えたいこと、書きたいことを書くべきなんじゃないかって。
お金のためにとか、単なる自己満足とかの場合もあると思うんですけど、それだけじゃあなんか寂しいんですよね。売れなくても、世界中の誰か一人が、僕はこの本を何よりも一番好きだっていう本があったら、その作者さんはすごいし、報われてるんですよ。対して、すごく売れても、なんにも読者に残るものがなかったら、本の意味が無いじゃないかと思うんですよ。全部自分の勝手な価値観での考えた方ですけど。
書き手と読み手が満足してやっと本ということでしょうか。

なんか本と人間が重ねて見えたんで、考えちゃいました。
大学の学園祭で、自分の書いた話を同人的な感じにして売ってもいいとの話があったので、その時になったらまたこういうことを考えるのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。