スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フナコシPの歌が好きだ

ボーカロイドというものがあります。
オタクに人気があるとか、そんなふうに思われがちなのですが、
音楽にそんなもの関係ないでしょう。

ボーカロイドは簡単に説明すると、人間のように歌ってくれる音楽ツールです。
そのボーカロイドを使って音楽を歌わせてる人をP(プロデューサー)といいます。
ボーカロイドが人気になった発端がニコニコ動画なんですが、
その人気が出始めた最初のほうの頃からPの一人がフナコシP。

音楽なんて自分はよく解りません。
知識もないし、技術もありませんし、美術的なセンスも持ってませんから。
それに音楽を聴くようになったのなんて中学3年生ぐらいだしよく知りません。
評論家のようにこの歌は良いなんていえないのですが、フナコシPの歌は他と違うと思うのです。

初音ミクというボーカロイドの歌は大抵が少女らしいものが多く、そのほとんどがイメージ的に青春真っ盛りの中学生から高校生ぐらいの初音ミクという女の子が歌っているように思えます。
でも、フナコシPの初音ミクは違う。
なんか老けているのです。
良い意味で言ってるのですが、大人びているのです。

可愛いければ良いというのもありかもしれませんが、自分はフナコシPの初音ミクが一番好きです。
一回り成長した視点から歌っていると感じさせてくれて、
どうしようもなく心を揺さぶられて、
「いいなあ・・・」と感じさせてくれるのです。

どうにも上手い言葉で説明は出来ないのですが、言えることは一つ。
フナコシPの初音ミクは他の初音ミクとは違う。

うちの学校では「桜の雨」という初音ミクの歌を歌いましたが、
自分は歌詞に全然共感が出来なかったんです。
卒業ソングということ取り上げられてのですが、
それなら「ほんとは分かってる」が良かったです。
こういうと失礼なのですが、「桜の雨」は酔っているのです。
自分に酔っていて、「どうだ綺麗だろ?」
なんていってるように聞こえるのです。
感情が見えてこないのです。
学校生活が見えないのです。
それに対して「ほんとは分かってる」は卒業らしからぬ、
陽気なメロディなんですが、歌詞とそれが妙にあっていて、
素直な人間らしさが見えてくるのです。
卒業してしまうんだという気持ちが見えるんです。
そしてよくわからない、どうしようもない気持ちがあふれ出すのです。

フナコシPはどうやら鬱病のようで、色々と大変なようなのですが。
最近の音楽にはあまりないような味がフナコシPの歌にはあるのでこれからも作り続けてくれると願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。