スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れるゲームについて考えてみる

ゲームって面白ければ売れるんでしょうか?
いえいえ売れませんね。
面白いだけで売れたら困らないですからね。
じゃあ、ゲームとしてあるべき姿ってどうなんでしょう。
全然売れないけれど、面白ければいい!?
たくさん売れるけれど、あんまり面白くない!?
やっぱり面白いしたくさん売れるものがいいよね。

●売れるゲームを作るためには、面白いゲームを作ればいい?
最近は面白いゲームを作っても売れないという話をよく聞きます。
加えてゲームがそんなに売れないという話も聞きます。
何故か・・・?
色々と考えて見ましょう。
・マジコンの普及
・ゲームをやる人が少なくなった
・面白いゲームが少なくなった
・ゲームに珍しさがなくなった、飽きられた
色々あるんでしょうね、理由。
専門家でも研究者でもないのでずばりこれだっていうのはわからないんですけども、
売れるゲームは売れているわけだから、上に上げた理由はたいしたことじゃないと思うんですよ。
ちょっとWiiのゲームの売り上げ本数についてみて見ましょう。(ゲームデータ博物館様)
やっぱりすごい、売れているものは売れている。
WiiスポーツとかWiiでしか見られないようなゲームがよく売られているのが特徴ですね。
10位まではミリオン突破してるし。
ああ、あと任天堂のゲームしかないね。
やっぱりとか、当たり前だろとか思います?
じゃあ今度はゲームキューブのゲームの売り上げ本数見てみましょう。
こちらは、有名なゲームらしいゲームタイトルがずらっと並んでますね。
でも、ミリオン突破は一本。
そして、任天堂しかない(ポケモンも任天堂でしょ)
ここで、Wiiの売りあげタイトルからWiiスポーツといったWii系のものを消して、
ゲームキューブと比較しましょう。

大乱闘スマッシュブラザーズDX
マリオパーティ4
マリオカート ダブルダッシュ  
スーパーマリオサンシャイン  
ゼルダの伝説 風のタクト  
マリオパーティ5
ポケモンコロシアム 
どうぶつの森+ 
マリオパーティ6
ピクミン

New スーパーマリオブラザーズ Wii
マリオカートWii 
大乱闘スマッシュブラザーズX    
マリオパーティ8
街へいこうよ どうぶつの森
モンスターハンター3
スーパーマリオギャラクシー
太鼓タイコの達人タツジンWii
おどるメイドインワリオ 
マリオ&ソニック AT 北京ペキンオリンピック
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

Wiiのほうを11タイトルにしちゃいましたが、(マリギャラもトワイライトも続編ということで一緒にしちゃいました)
こうやってみると、売れるタイトルはほとんど変わっていません。
Wiiですごい勢いが任天堂にはありそうに見えるんですけど、Wii系のタイトルを抜けば1世代機まえとそこまで変わらない。
売り上げ本数は大分変わりましたが、Wiiはよく売れてますしGCはそこまででしたから。
ここで何が言いたいかというと前から安定していたものは、やっぱり安定するということです。
つまり、売れるゲームを作りたいなら、有名なタイトルを作る!
・・・すっごい当たり前ですね。
最近のゲームで言うと、モンスターハンターでしょうか。
どのハードでもかなり売れていますし、最早有名なタイトルです。

●有名なタイトルってなによ、有名なタイトルを作るにはどうすればいいわけよ?
スーパーマリオ
ゼルダの伝説
ポケットモンスター
ドラゴンクエスト
ファイナルファンタジー
メタルギアソリッド
そんなタイトル・・・かな?
名前を挙げれば普通の人でも知ってるというぐらいのタイトル。
会社名を挙げたあとに頭に浮かんでくる、ゲーム。
看板娘?
そんなゲームが作れればばっちりだと思います。
じゃあそれを作るにはどうすればいいのか?
やっぱり専門家とか研究者じゃないからはっきりとはいえませんが、
ゲームをやらない人から見て、面白そうと思える、実際に面白い。
こんなゲームは爆発的に売れる。
ターゲットをしっかり絞って、それらのニーズにしっかりとこたえたもの。
こんなゲームはかなり売れる。
どんな人にだって受け入れられるものなんてあるはずがないんです。
だから、ターゲットを絞ってそのターゲットを中心に売るんです。
マリオ どんな人でも ほとんど穏やか アクション
ゼルダ ちょっとなれた人から そこそこシリアス 謎解きアクション
メタルギア かなりなれた人から かなりシリアス 潜入アクション
難易度、雰囲気、ジャンル、このようなゲームの情報からニーズにあったものを選ぶ。
だから、売れるゲームにしたいなら広く受け入れられるものにしなくちゃいけないんです。
たとえば、もしポケットモンスターのモンスターの絵が本当の気持ち悪いモンスターの絵だったら・・・
一部の人にしか絶対受けていないゲームになっていたでしょう。
受け入れられるということは大事なのです。
勿論、面白いもので、宣伝もしっかりとそのゲームの内容がわかるようにしなければいけません。
どんなに良いものでも、それがどのように良いのかわからないと意味がないですから。

●売れるゲームが多くなるといいね
王様物語というゲームが色々と話題になりました。
面白いゲームであるがそこまで売れなかったこと、
製作者が心の叫びをネットで出したこと。
面白いゲームをどんなに出しても報われない、
だけど自分はそうなったとしてもできる限り頑張ってほしいのです。
じわじわ売れる可能性だってある。
Wiiのゲームであるならみんなのおすすめセレクションという形で再販される。
そして見直されるかもしれない。
面白いゲームを作り続けていれば、正当な評価をちゃんともらえるだろうし。

いいゲームを作っているのに全然売れないという話を聞くと消費者としても業界が不安になるばかり、
どうぶつの森やスマッシュブラザーズも最初はそこまで売れていなったから、
なにがおきるかわからないという前向きな形で業界の人には頑張ってほしいなと思います。

●感想
結局書いてて上手くまとめられないことがよくわかった。
しかも上手いこといえてない!
こういうことは練習をつめば上手くなるものなのでしょうかね・・・

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。