スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだって言うんだこれはー!?

っていってもゼルダに似ているっていえば終わっちゃうけど・・・

なにがって・・・ICOですよ。
霧の城というところに角が生えていたために生贄にされた少年イコ。
変な入れ物に閉じ込められたと思ったら、運良く脱出。
城を探索していくうちに言葉の通じない謎の少女と出会い、二人で脱出をすることを決める。
だけど少女を狙って影のような怪物が出てくる。
怪物から少女を守りながら、荒廃した城を駆け巡る・・・
もう、たまらないよー!

後無駄を極力なくしてるのもいい。
普通、探索型だと隠しアイテムなどを探すのに躍起になりますがそれがない、
つまりこの世界に没頭できるんですよ。
そんなこのゲームの世界、
ほとんど音楽がなく、聞こえるのは風の音、小鳥の囀る音・・・
ところどころ崩れていて神秘的なお城。
たまに影のような奇妙な怪物が出てくるけども、ほとんど二人っきり。
もう、センチメンタルを感じずにはいられない素敵な世界ですよ。
そしてそして、謎の少女の存在。
言葉は通じない、だけども呼びかければこっちに来てくれる。
手をとって走れば、少しよたつきながら一緒に走ってくれる。
イコが普通の人よりも体が強く色々な行動ができる分、
この少女の存在がより儚く見えてくるんです。
華奢。
その一言に尽きるんですが・・・
それがいい・・・
ちょっと大きな溝だってイコが先に渡って、手を伸ばせば、
戸惑いながらも勇気を出してジャンプしてくれる・・・
梯子を登ったりする速度も遅い・・・
だけどそれがいい!
この少女のために頑張らなきゃいけないことが多々ですが、
守ってやらなくちゃと思わせてくれますよ!
神秘的で静かな世界を二人っきり・・・
ここで守ってやらなきゃ男がすたるってもんです。
俺もこんな体験してえー!
イコみたいに体強くないからすぐ死んじゃうけど・・・

2001年の作品のため、グラフィックが今見るとちょっと見劣りしてしまいますが、
当時は十分にきれいに見えたんじゃないでしょうか。
でも、味があるというか、これはこれでいいグラフィックなんでねー。
素敵です。
アイテム収集などがないし、寄り道しなくてもいいんですが、
ちょっと崖の方に立ってカメラを動かしてみると・・・
絶景が見えたり・・・
建物の儚さがのぞけたり・・・
ICOの世界を感じさせてくれて、色々と巡ってみたくなっちゃいます。

この作品はゼルダに似ていて、影響を受けている感じがするんですが、
ゼルダもこの作品に影響を受けた感じがしますねー。
ゼルダは冒険!という感じですが。
ICOは・・・冒険のような旅・・・でしょうか?(上手く言えない・・・)
城の中しか巡らないのですが、旅をしているみたいな雰囲気なんです。

欠点といえば、カメラアングルが上手く動かせなくて見づらい部分が多いことかな・・・
これのせいで何人のイコが谷底へ落ちていったか・・・

でも十分に魅力のあるゲームなのでね。
しばらくはイコになりきって少女と一緒にいたいと思います。
最近はこういう女の子見ないからねー・・・
・・・そういえば、
神秘的な世界で華奢な女の子の手を引いて探索するアクションというのはなかなか新鮮でした。
サバイバルキッズDSでもこういうのはあったけど、あっちはサバイバルだったからな・・・
物静かな世界観と、儚い少女というのにピンとくる方は絶対に勝った方がいいと思いますねー。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。