スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーウォーズ

昨日の夜。
母「えーっと?なんだっけ?僕らのウォーズ?・・・」
自分「・・・サマーウォーズじゃないの、それ。」
母「ああ、そうそう!それ、見に行こうかなと思ってる。」
サマーウォーズ・・・見たかったんだよな!
でも、お金もないし・・・よし!
自分「俺も連れてって。」
というわけで見てまいりました。

個人的に超満足!
普段映画を良く見ていて、面白いとあまり言わない母も面白いと言ってたし!
なにより、普段アニメをあまり見ない人でも楽しめると言うのは十分すごいでしょ!

お約束と言うか、オタク属性を持っている人ならもっと楽しめると思います。
そんなネタがちらほら・・・

自分は泣きませんでしたが、展開が熱く、燃えました!

以下、色々思うこと、考えたことを書きます。
ああ、設定資料欲しい!

コメント返信は、これからコメントで返します・・・
こういうときに困る!
箇条書きみたいになりますが・・・

この映画のテーマは家族、ですよね。
最後の展開で、ヒロインしか活躍しなくて、主人公は何をするんだと思ったら。
家族を守るために頑張りましたからね。
それに、問題を起こしたラブマシーンを作った本人は、
実はおばあちゃんっこで、おばあちゃんのために頑張っていましたし。

任天堂が大好きですね!
だって、この映画でヒロインがラブマシーンに大勝負を仕掛けたゲーム。
花札!
任天堂は、最初、花札屋として創業したんですよ。
それに、映画で最初のほう・・・
子どもたちDSに夢中!
なんだか、微笑ましい。
というかゲームが好きなのかな?
そんな感じがするところが結構あったと思うんですよね。

ラブマシーンって、頭は悪いよね。
いくらヒロインが花札に強いっていっても、かなり負けてたし・・・
暗号を自分で解けないから、メールでばら撒いて解かせたり・・・
反則的な強さを持っていても、頭がね。
ゲーム好きで、一応勝負はちゃんとルールにしたがっている・・・のかな?
最後に、アバター2つが残るのは狙っているとしか思えませんし。
後の展開を裏切らないってことで、自分はよしって思いましたけどね。
(主人公の影があのままじゃ薄かったわ・・・)

キングカズマ!
あそこらへんの、迫力のあるアニメは大好きです。
ゲームと違って一度しか対戦することの出来ないゲームってどんな感じだったのでしょう?
負けられない展開だったから、かなり自分は燃えるでしょうな。
ゲームをスポーツといってたけど、
自分にとってはゲームはゲームだ!
スポーツとは違いますよ。
上手く言えないけど。

あの家では、女の人達が強い。
そういう台詞を聞いても違和感が無かったのは、直前の場面もありますが。
最初の頃から(バス・電車)、そんなふうに描かれていたっていうのもあるんじゃ・・・ないかな?

メイクアーップ
くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」(こんな感じの)
鼻血ブー
他にもあったけど・・・なんだっけかな。
にやりとできる、お約束や、ちょっとしたものは素敵。

細かく描かれてるところはストップしたい。
最初の電車のところ、人物を見るか?背景を見るか?
悩みました。
OZ内でのみんなの会話・・・読みきれない。
DVDとかが欲しくなるなー。

ラブマシーンとの戦い。
カズマのリベンジの際、力をつけてた段階でも、最初はちゃんと戦ってくれてたり。
でも、あれって手加減だったのか?
花札での勝負。
熱いです。
ボクのアカウントを使って!
俺も、私も・・・・・
熱いです。
こんな感じのゲームがあったら、燃えつきそうです。
というかやりてえ!

たいていは、「主人公はピンチだ!祈ろう!」
とか、「地球のみんな・・・」「じゃあちょっと・・・」
だけど、自分自身ともいえる、命(いいすぎかな?)を預けてくれる。
負けられませんな。
主人公の戦いより、ヒロインの戦いのほうが燃える!
淡々と終わっちゃったけど・・・
花札のルールが解らない人は多いと思うので、淡々と派手に終わらせて良かったのかも。

主人公の戦い。
自分の唯一の才能を武器に必死で頑張る!
家族のために頑張る!
鼻血を出してでも頑張る!
「お願いしまーーーーーーーーーーーす!」
あれは、あなたにならヒロインを任せられるわと言われたけど、
そのときは自信が無い主人公が、
改めて言った言葉だと思う。(こちらこそをいれてないけどネ)
ヒロインのため、それは家族のためでもあって・・・
いろんな思いをこめて、エンターキーを押したのだろう。
でも、ごめん。
ヒロインの戦いのほうが・・・

おばあちゃんはすごい。
「あんたならやれば出来るよ。」
魔法の言葉である。
すごいよばあちゃん・・・

展開が御都合じゃなくて、設定がご都合だよね。
でもそうじゃなきゃ、ここまですごく出来なかったから大好きだ。
なんで設定がご都合か?
主人公は、数学の天才。
ラブマシーンを作った人は超天才。
ヒロインは花札の天才。
カズマはゲームの天才。
親戚みんな、全員違う職業、そしてすごい。
おばあちゃんは人としてめちゃくちゃできてる。
全部、必要な設定で、なくちゃこの話は成り立たない。
ふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉ。

言語が違っても、会話が通じる!
すげぇ。
でも?
あれって・・・
日本語でわざわざ英語を使って表現したりしたらどうなるんだ?
oh・・・
とかね。

こんなところでしょうか?
もう一度見直すと、新しく思うことや、思い出すこともあるんだろうなー。
見たい。

OZといえば、コナミからでたゲームなわけだが・・・
どうでしょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。