スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よっしゃい

久しぶりに初音ミク プロジェクトディーヴァをプレイ。

とりあえず、HARD全部をやったグレイトでクリアできたよ!
はぁー、つらかったわ・・・
初音ミクの消失・・・
連打が苦手なので本当に困った。

最初クリアしたときのスコアは28000.
頑張ると29000、30000とあがっていった。
「これならいけるやもしれぬ!」

_________________
このゲーム、普通と違って、
チャンスタイムと、ゲージタイム(命名)とに分かれてるんです。
前者はコンボをつなげると、ガンガン点数が増加して、ミスをしない限り高得点が連続ではいる。
100から始まり5000で止まります。
ようするに、ミスをしないと、「5000点が連続ではいるぜ!」
ミスを連発すると、「何このいじめ?100点しかはいらねえ・・・」
となります。
後者はゲージがなくならないように、上手くリズムをとる。
普通の音ゲーといっしょです。
で、このゲームでは前者がとても重要!
前者が出来ないと、グレイトはとれません。
ようするに、後者で点数が取れなくても、前者を頑張れば、望みはあるということですが・・・
_________________

初音ミクの消失はテンポが速く、連打部分が多いので、とても大変。
普通にやってては、グレイトはとれません・・・
「よっしゃ、これでどうだ!」
なるべくコンボをつなげてみるも、
32000・・・死亡。
「チャンスタイムにかけるしかない。」
しかし、そう考える頃、極度の戦いにより手が死んでいた・・・
「み、右手が・・・!」
何もせずとも、震える・・・
ぷるぷるぷるぷる・・・

休憩をとり再戦。
ゲージタイムは安定するようになるも・・・
チャンスタイムにある○連打ゾーンで勝てないでいた。
「途中のちょっとだけミスなら経験上は勝っている!」
そう信じ、なんとか34000をだしたときはグレイトだろと思ったが。
死亡。
しかし、その後頑張ると・・・!
○連打を突破成功。
「○連打突破キター!」
と油断をした直後、間違えたボタンを押してしまう。
「!、ま、まあ経験上は・・・!」
そして36000。
信じていた、そのときの自分には連打が成功したのが奇跡だった。
まぐれ。
ゲームをよくプレイしている人にはわかると思うが、
まぐれの後は、恐い。
まぐれのため、またやると出来ない可能性がかなり大きいのだ。

だから信じていた。
「36000!これで勝つんだ!」
しかし、無常にも、ミクはスタンダートでクリアだよというポーズを決めたのだった。
「心が・・・折れそうだ。」
そう思いながら、「あぉぉぉぅぅぅーー、ほぉぉぉぉぅぅーー」とよくわからない声を出していた。

チャンスタイム。
チャンスタイム。
何度もやる、死亡、死亡。
結局は、チャンスタイムノーミスが出来るようになり、見事グレイトをとったわけだが・・・
すごく嬉しかったね。
「俺、やったよ!」みたいな。
よかったです。
はい。

自分の記事が、るいんずめもりぃさんで紹介された。
ちゃんと見ている人がいるというのがわかるのはやっぱり嬉しい。
ありがとうございます!

空の軌跡が王道と同サイト上に発見。
手を出してみたいけど、RPGは時間がかかるんだよねー。
王道のゲームか・・・
PSPのブレイブストーリーも某評価サイトで王道でイイといい評価をよく貰ってたな。
というのを思い出した。
まぁ、どうでもいいなー。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。