スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待4割

DQ10のVer3.0後期アップデートが明日行われます。
とはいっても皆が大きく期待するであろうコンテンツの実装自体は明日ではなく、
7月に入ってからということなので、
実質やることはテコ入れの行われた既存コンテンツの消化が関の山でしょうか。
これをやることのないスカスカアップデートと見るか、
はたまた忙しい人にやさしいアップデートと見るか……
まあ後者を選ぶ人のほうが圧倒的でしょうな!

でもほぼやめると決めた身でありながらも期待しているコンテンツが少しあったり。
それが7月に入ってから追加される不思議の魔塔なんですけども、
Ver3を導入していなくても遊べるという情報に正直喜んだのですが、
自分のプレイ期間の有効期間が7月7日で、魔塔の実装は7月の中旬なんですよね。
キッズタイムに遊ぶしかなさそうです…w
レベル1からでアイテム持ち込みは不可能なダンジョンということで、
まんま不思議なダンジョンのルール引っ張ってきた感じ……嫌いじゃない。
というか不思議のダンジョンっぽいところこそ期待してしまう。
宝珠が導入されたことでVer3の人と遊ぶことに気が引けてたところがあるので、
宝珠も適用されないならば誰かと一緒に遊びたいところですねえ……
もっとも、キッズタイムの時間は限られているので叶わない話でしょうが。

あとは職業のパワーバランスの調整かなあ……
正直全く期待していませんけどね。
遊んでいた面白いと思えるゲームバランスではとうになくなっているし、
ミラクルブーストともろばぎりをテコ入れしたかと思ったら、
意図していないとかで修正を時間が経ってから入れるし……
自分の本職は片手剣戦士だったはずなのですが、
結局今に至るまで活躍する場面が全くありませんでしたな……w
オノ戦士が一時期はやったけれど今は完全に廃れてしまいましたし、
戦士のテコ入れも入るそうですが……どうなるのかなあ。
一応少しは試してみるつもりですが、望み薄でしょうな。

楽しんでくれている人がいいなと思う反面、
自分と似たような閉塞感を感じている人もいてほしいという二律背反。
残る約2週間、少しでも楽しめるといいな。
スポンサーサイト

雨降って地固まる

もうすぐ期限切れということで心残りであったことの一つ。
喧嘩別れしたままだったフレンドがいたのですが、
なんとか連絡を取ることができてお互いに水に流すということで仲直り。
地味ーに周りに迷惑をかけていたりしたので各方面に申し訳ないなと思いつつも、
後味の悪いままの別れ方は避ける事ができたので良かったです。

なんだかんだで年単位の付き合いって結構長いものですな。
これがフレになってからほとんど関わりの無いフレンド、俗にいうエアフレンドだったり、
そこまで長い間フレンドではない人だったらまあそういうこともあるか、と、
一人で納得して終えていたんでしょうな。
と言っても正直なところは納得しかけていたんですけどね……w
改めて考えなおすとやっぱり良くないなと思ったのですよ。
そして、色々と偶然が重なり合ったうちに結果オーライとなったのですから、
自ら進んで動くことってやっぱり大事だなと思いました。

考える時間はお互いにたっぷりあったからか、
強烈な言葉を交えた別れをしたとは思えないほど普通に喋って、
ここ最近のことを話しながら仲直り出来たものだから、
やっぱり時間ってよくも悪くも大きいなあと感じますよ。
これが喧嘩をした直後に話していたら、
両者自分の言い分を引くことなく思い思いに罵詈雑言を並べていたでしょうし。

なにはともあれよかったよかったということで。

ゲーム天国

DQ10にINをさほどしなくなってから遊んだもの。
ベヨネッタ
ベヨネッタ2
ファミコンリミックス1+2
ゼノブレイドクロス
スプラトゥーン
リズム天国ザ・ベスト+
steamで買ったゲーム3,4本…?
そしてソシャゲをちょいちょい。
結構やれてるな、マジで……

ベヨネッタはQTEとカメラワークが正直全然でしたね。
最初は適切な行動がさっぱりなのであまり楽しめなかったのですが、
コンボなりキャラの動きの特徴なり、コツを掴んできてから面白くなりました。
でも前述のように突然入るQTEやいきなりカメラワークが辺に動いたりしてイライラ。
ベヨネッタ2はQTEがなくなったし、カメラワークも良くなったので最初から楽しめました。
いい意味でぶっ飛んでるゲームですねほんとに…w
30代?ぐらいのキレイなチャンネーがとにかくアダルティックに敵を蹂躙。
エロとギャグが両立してて何度も笑わせていただきました。
いろいろな意味でキレッキレなのでアクションが苦手でも一見の価値はあり。

ファミコンリミックスはファミコンゲームの美味しい部分を切り取りましたってゲーム。
メイドインワリオのナインボルトステージみたいなものです。
後半になると内容に対してそんなテクニックがあったのねと舌を巻くことが多かったです。
というのも美味しい部分を切り出しているので、
重要な場面だけを遊ぶことになるので必然的になにかしらのテクを要求されるのです。
っても遊んだことがあるゲームに関してはほとんど知ってるテクばかりでしたが。
Miiverseを見てるとファミコン世代の人が買って遊んだ後、
その世代の子供達が遊んでいるのかなという投稿が多くみえて微笑ましかったり。

ゼノブレイドクロスはゼノブレイドと同じものを期待して買った人には、
正直厳しかったでしょう、ストーリー・ゲーム・ボリュームの三位一体とはいかなかった。
ストーリーがどうしようもなくクソなのは擁護できませんわ、何あの終わり方。
ただ、フィールドの広さとそこを探索していく面白さは本当に凄い、ぶっとんでる。
ゼノブレイドのストーリーを捨ててゲーム部分を発展させましたって感じになるのかなあ。
音楽に関しては「名を冠する者達」みたいな高まる派手さこそ無いものの、
要所要所に合わせた音楽が多く、決して悪くはなかったと思います。
ただ、ボーカル付き音楽はもう少し控えて欲しかったけどね……

スプラトゥーンは新作タイトルながらも見せつけてくれる、そんなタイトルでしたね。
ガチバトルのウデマエもA+(最高)まできたので、
今はルールが追加されるなり、新しいステージが追加されるときに遊べばいいかな。

リズム天国ザ・ベスト+は今まで人気あったゲームを多数収録、
そしてボタン操作に直されたということで、
あんまり楽しめなかったゲームも楽しめたのが良かったですな。
初のストーリーが追加ということでしたが、こんなもんかなあというのが本音…w
ゲームの選び方のテンポが悪くなってしまったのが少し頂けませんな。
あと他の音ゲーのようにスコアが出てくるようになったのは、
かなり賛否両論別れるところじゃないかなあと思います。
(今まではやりなおしか平凡かハイレベルの3つに分類されるだけでした)
個人的には一定のモチベになるから嬉しいけど、なんか違うような気もする、そんなとこ。

steamのインディーズゲームは古きよきドット2Dゲームが結構あるところですな。
今となっちゃドット打ちなんて出来る人が限られているし労力に見合わないので、
インディーズでも作ってくれるだけありがたいと思います。

憑き物が落ちたかのように積んでたゲームに手を伸ばしているとはいえ、
ただいまsteamでは夏のセールによって名作ゲームが格安で買えてしまい、
どんどん新しいゲームが積まれているのが現状です。
まあ、steamは積みゲーを増やすゲームとも言われているそうなので、
ある意味正しい姿なんでしょうけどね…w

続ける努力、止める勇気

気がつけばドラクエ10のプレイ有効期限が一ヶ月を切りました。
3ヶ月プレイ期間延長を行ったのが4月の初め頃。
そのころはまだVer3にそれなりに期待していたのでした。
しかしVer3発売日が近づいても期待できる内容は見当たらず、
目的も見えず毎日同じことを繰り返す閉塞感に満ちたドラクエ生活に
嫌気が差してきた事も手伝ってやめようと踏ん切りした……つもりでした。

いざVer3が始まってみればやっぱり期待した内容には届いていないようでした。
自分はというと、日課をやめて、やりたいことだけをやり始めました。
日替わり討伐は続けていくつもり……でしたが、
討伐内容を買った際、売り手の人に宝珠が出るといいですねと言われてから、
ああ、もうここにいる人たちは自分と違うんだなと感じてやめました。
宝珠はVer3から導入された新しい成長要素。
新しい職業のパッシブスキルと併せて戦闘コンテツに自分の席はなくなる、
だけど一人で遊ぶ限りはあまり意識することはないだろう。
そう思っていましたが、口に出されて言われたことはずっしりと自分の心にのしかかるのでした。
Ver3を導入した人たちと自分の間に大きな溝があるのを感じてしまったのです。
売り手の人は良かれと思って口に出したのでしょう。
そういう意味では、ただただ自分が勝手に落ち込んだだけです。

ライン職人に嫌気が差して作業を片手間にできるマラソンもやめました。
洞窟やダンジョンの中をドルボードで使用可能になり、マラソンも大分楽になったのでしょう。
だけどそれは強戦士の書で強ボスと戦えるようになった時と同じような、
便利にはなったけれども情緒の無い味気のなさを感じるのでした。
そもそもがつまらないマラソンで大きく時間を取られることは苦痛である事実であれど、
ダンジョンの中をドルボードで走るのはまた何かが違うような気がしました。
また、お金を稼いだところで新しい装備があるわけでもなく、
アクセサリ作りに向かうほどのやる気も無い。
立ち返ってみれば、目的もなくただ義務感にとらわれて続けていた作業でした。

戦闘コンテンツに居場所はなし。
今までの努力を無に帰すかのような緩和に重なる緩和で予定調和となったアクセサリ作り。
やりたいことが何もない。
もともと自分は戦闘コンテンツが楽しみで続けていたこともあり、
フレンドに新しい楽しみ方を見出したらと言われてもなにもないのでした。
ハウジングはどうぶつの森をやったほうがいいと感じてしまう。
コロシアムはお金も時間もかかるし本当にやることのなくなった人向けで、
楽しむことができなければ苦痛でしかなし。
遂にやることは、一応そこそこ特だからとの義務感でやる週の討伐、
ソロプレイでできる分のピラミッド、
ゲーム内で知り合った人たちとのチャットぐらいでした。

INする時間は自然と減っていき、代わりに他のことをやる時間が増えました。
例えば今まで遊んでいなかった他のゲームに手を付けたり、
現実の友人と一緒にネットワークを通じたゲームを遊んだり。
これはこれで有意義な時間であり、良いことだとは思っています。
また、ネットでドラクエ10の情報を見るようにもなりました……
あまり生産的といえる行為ではありませんが、
某掲示板へと赴き出来の内容に対するバッシングの嵐に同意しながら、
自分の意見を肯定化しようと務めていました。
実際今のドラクエ10はお世辞にも面白いと言える出来ではなく、
寧ろ時間が経つに連れてつまらなくなってきていると感じています。
ドラゴンクエストらしさを大事にしていたはずのゲームなのに、
今となってはドラクエらしさなんて残り香ぐらいなものだと思っていますから……
ですが続けている人が多いのもまた事実。
楽しんでいる人たちに対して否定的なことを投げかけるのはよろしくない。
そうだとは解っていても、楽しんでいる人たちが羨ましいのか、
自分の中でなんとも言えない気持ちが膨らんでいくのでした。

これが月額課金制のゲームでなく、基本無料のゲームだったら、
特に深く考えることもなくこのまま続けていたと思います。
ですが、月に1000円という決して安くはない金額。
ドラゴンクエストという国内では知らぬ人などいないビッグタイトルのナンバリング。
何よりも、藤沢ディレクターがいた頃のワクワク感が全くなくなってしまったことの悲しさ。
それらをひっくるめて一人のゲーム好き、ドラクエ10プレイヤーとして、
ささやかな抵抗ともいうべき、ゲームを止める勇気を出したのです。
(続けることもまた大事ではないかともある人に言われましたが。)

現実の友人たちは自分が熱心なドラクエ10プレイヤーだと知っていまして、
止めるということを伝えた時に、
またいつかやりたくなるからとりあえずアカウントは残しておけ。
そのようなことを勧めてきました。
ゲーム内のフレ達はほぼ特に何も言ってくることはありませんでした。
現状のドラクエに対する退屈さをどことなく感じていて同意できたからか、
はたまたかまってちゃん的な言動なのだろうと受け止めたのか、
それとも単純に自分という人間に興味が無いからか……
とかく、一抹の寂しさを感じながらもこんなもんかと自分も受け止めました。

フレによっては止めるなら本当に止めるべき。
帰ってきては示しがつかないだろうとズバリ指摘してくる人もいました。
正味少しドキリとしました、まだ迷っているところがありますから。

ゲームの質となる部分はもうどうしようもないと感じているので、
正直なところ今まで積み上げてきたものに関してはそんなに未練はありません。
ただ、ゲーム内で築いてきた人間関係についてだけは、未練があります。
だからこそ少しだけゲーム外でのつながりを求めて最近ちょっとだけ動きました。

ゲームさえ面白ければこんなにうだうだと悩むこと無く楽しんでいただろう。
そう考えるとただただやるせなさを感じてため息が出ます。
残り20日間。
結局やめると言いながらキッズタイマーとして続けていこうか?
そう考えているのが現状ですが、さてどうなるか。
自分自身もよく解ってないのでした。

ガチンコスプラトゥーン

なんだかんだでスプラトゥーンのガチマッチをガッツリ遊んでます。
否定的なこと書いた割にはって思うじゃないですか?
でもやっぱり一定の緊張感が常にある戦いも楽しいんですよ。
ずっと遊んでいたらすっかり取り憑かれましたわ……

ガチマッチの方ではランクとは別にウデマエという項目でマッチングが決まります。
C-,C,C+,B-,B,B+,A-、A,A+の系9グループに属することになります。
そして、自分は今丁度Aランクに上がったところです。
やっぱり色々と語るからにはそれなりに遊ぶなり頑張るなり、
一定の努力をした上でないと説得力が無いですからね。

で、思ったというか感じたこと。
やっぱりチームの総合力がかな~り大事ですねw
低ランク帯はある程度実力があれば自分が無双すれば勝てます。
というか勝った時のポイントUPが負けた時のポイントDOWNより大きいので、
よっぽど下手じゃなければB-には普通に上がれます。
ただ、Bランク帯から勝った時と負けた時の振れ幅が同じになるので、
勝率を5割いじょうにとどめなければいけなくなります。
そんでもって中途半端な実力の人たちがB帯にはまあ多い……
チームの割り振りがマッチングしたあとは完全ランダムなため、
下手な人と組めば苦戦は必死、うまい人と組めば余裕のある戦い。
そんな試合ばっかりでしたねえ……
それは個人的な主観なんじゃないのと思われそうだからこそ、
頑張ってAランク帯まで上げたわけですが、
Bランク帯での戦いとAランク帯の戦いのレベルの違いときたら、ね。

A-に上がってからは同ランク帯の人たちのレベルがかなり高くなったからか、
拮抗した戦いが多くなり、チーム運で負けた……なんてことは殆ど感じませんでした。
行動が洗練された動きの人が多いから、あんまり苛つかない。
事実B+からA-まで上がるのにかなり時間が掛かったのに、
A-からAまで上がるのにはそんなに時間はかかりませんでした。
A帯では買った時のポイントUPより負けた時のポイントDOWNが大きいのにです。
ドラクエ10でコロシアムガチ勢の人が低ランク帯の戦いは運ゲー、辛い……
そう言っていたことをいやというほどに痛感しましたね。
協力戦だからこそ足を引っ張られるもどかしさは凄まじいです。
逆に足を引っ張った時は申し訳無さでいっぱいになりますがね。

でもやっぱりガチマッチのルールでレーティング制のない試合もやりたいですな。
ガチマッチの後にナワバリバトルをやるとあまりの気楽さに終始笑みですよw
微笑ましくて微笑ましくて……負けても全然悔しくない。
やっぱりナワバリバトルの気楽さに関しては他のゲームにないものがあるので、
この気楽さで他の試合もぜひ……!
FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。