スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリスノーツ

宇宙はまだ、俺達には広すぎる。あの暗闇は、人の心を見えなくする……

忘れないうちにPS版のポリスノーツのレビューをば。

内容は結構オーソドックスなアドベンチャーゲーム。
画面内のカーソルを動かしてコマンドを選択していくタイプですね。
SFハードボイルドアドベンチャーというように、SFネタがふんだんに取り込まれていますので、そっち系が大好きな人にはたまらないものがあるんじゃないでしょうか?

メタルギアで有名な小島秀夫氏が脚本、監督ということで、小島節が炸裂してましたね。
具体的に書けば、映画的な表現をかなり使っています。
これは良い点でもあり、悪い点でもありますね。
・新しい人物が登場した時に、画面にキャラクターの名前と声優を表示させる。
・キャラクターが喋るときはスキップ不可能。
この二点が自分としてはちょっと引っかかりましたね。
後半に進めば進むほど会話も長ったらしくなっていくのでキツかったです。
逆に表現としては臨場感が良く出せるので、不気味な場所を探索したり、犯人を追い詰めるときなんかは最後までドキドキしっぱなしでした。

結構画面内のいろいろなものに反応してくれるので、コマンド選択型にしては総当りの苦痛は少ないです。
お色気イベントもあったりし、乳揺れ担当だけのスタッフがいたりと変なところで力を入れているおふざけもあったりなんかして……でもコチラはあくが強いので否定的な人も多いとでしょうね(笑)

結局あくまで自分としての感想ですが、言われてるほどは楽しめませんでしたね。
まずは戦闘システム。
ぶっちゃけ連打ゲーです。
主人公側は敵の攻撃を防ぐすべがない(避けれない!)ので、ひたすら敵に向かって撃ちまくるしか戦法が無いです。リロードには時間が少しかかりますが、タマ数が無制限なので、連打勝負。
もうちょっとココら辺は気を使って欲しかったですね。
次はストーリーの内容。
謎の人物の正体に対して、引っ掛けかと思ったら、まさかの予想通り過ぎてて意外性が逆の意味でありました。
「結局そいつかよ!」みたいな。
謎の人物とは最後まで何度も戦うことになりますが、
「負けるはずがない!」とか「どうした?ジョナサン?(主人公の名前)」とか自信たっぷりに言ってる割には、撃たれてるとすぐに逃げ出していくし、爆弾や特殊なパワードスーツを使ってきたりと、小物感が凄まじかったです。
言っていることと、行動がちぐはぐすぎるんですよね……
戦闘パートにおいてのボスはこの人物なんですが、強さ、死に様も含めて消化不良な感じでした。
ストーリーの展開もあんまり意外性がない。
結構ポンポンと進んでいきます。
逆に言えば、しっかりと基礎を抑えているとも言えるのですが……
ツッコミを入れたくなるようなところもありましたしね……
SFに関しては自分は殆どわからなかったので、専門用語が多すぎて何言っているのかわからなくなる場面もありましたし……
うーん。
最後もなんか微妙な終わり方でした。
アドベンチャーパートにおけるラスボスの意味の解らない説教と、その長さ、また、「お前一人だけには聴かせるのがもったいないぐらいだ!」発言には辟易としました。
死に方も相棒の一発で即死→載っていたパワードスーツの暴走→大爆発→生首が画面に向かって飛んでくると、ギャグなのか?と本気で疑うレベルでした。
言っちゃなんですけど、B級臭いっていうね……

終わってから振り返ってみると、当時としては良くできていた。また、人を結構選ぶ作品であるって感じですね。
マウスで操作推奨なのに、ゲームアーカイブスのためにコントローラーで操作しなければならなかったところも、しょうがないとはいえ厳しかったですね。
小島監督のファンならやるべきなんでしょう。
逆に、俺は小島監督のゲームは苦手なんだ!という方は、避けた方がいいです。
スポンサーサイト

二回の初体験

ニンドリ乱取り組のチームに入って来ました。
結構混沌としてましたねー……

集合は1時半とのことで早めに向かったんですけど、すでに人がワラワラといて驚きましたもん。
前に外国人が「日本人がオンラインゲーム内で順番待ちのために並んでやがる、クレイジーだ!」
という話を見て、オンゲでも人は並ぶんだなーと思いましたが、自分も並ぶとは思いませんでした。
10692941_convert_20120929204653.jpg
(こーんな感じ)

処理が追いつかないからか、写真に写っているキャラクター数は少ないですが、実際はもっと長かったです。
どれほどいるのか把握できないレベルだったので、この時点で入れるのかとヒヤヒヤ。
それにしても関係者が一人も来ていないのに並び始めるとはすごいですね。
並んでいる間は結構皆思い思いに話してましたね、踊ったりもしてましたか。

ようやくほんちゃんさん方が到着した時には皆が一斉に合言葉言い始めてまた混沌としてましたね。
合言葉も合言葉なので変人集団にしか見えてませんでした(笑)
どうやら想定した以上に人が集まっていたようで雑誌の方々は結構慌ててる感じでした。
チームメンバーの登録だけで結構な時間がやっぱりかかっちゃってましたね。
(一応きてる方はほぼ全員入れてましたよ。)
結局今日の集まりは登録と記念撮影だけで終わりました。

一応カンストしている職業で行ってかつ、種族もウェディに戻してましたが気にする必要はなかったですかね。
さり気なく編集の方々との写真を取るついでにステータスも覗いて来ましたが、結構やってる感じでした。
特にアンジェロさんはぶっちぎりでしたね……
自分よりも時間かけてると思いますよ、あれ。(自分は250時間)
アクセサリ欄は全部メダルで貰えるものでしたし、装備も職人の評判が高くないともらえないものでしたので。
仕事しながらあれはすごい。
伊達に占い師やってませんよ、ミステリーですよ。

ということで結構楽しんできました。
今度は是非冒険したいところですね。



で、ここまでは、体面を気にして……
以下ちょっと口が悪いかもしれませんがズバリ今日思ったことをかいてきます。
ここまで読んで「ああ良かった、楽しかったんだなー、ホクホク」という方は読まないほうがいいですよ。

続きを読む

地道にオールゲット

パルテナの方をゲーム自体は遊べてはいませんが、ゲームコインでしたっけ?
毎日歩けば最高10枚もらえるやつで、おドールコンプしました。
なんか中途半端な数だったから、ARカード分を含めるともっとあるんでしょうね。

明日で学校開始一週間。
早いような遅いような……
日中は間違いなくゆっくりと感じてるんですけどねー。
始まってみればドラクエにしかいよいよ触れられなくなってきてる感じ。
他のゲームもやろうと思ったら睡眠時間もろ削りですね……
アップデートまでは頑張りたいからそれまでは他のゲームはおあずけかな。

3DSにドラクエ10すれちがい通信用のアプリがありますが、大学では予想よりも全然すれ違ってない。
やっぱりオンゲには手を出さないんでしょうかね?
事実時間吸い取られちゃうものなあ……
結構がっくししています。
友達にもやってる人はいなかったですし……
66万人やってて、あんまり身の回りにやっている人がいないってことは、社会人が多めなのかなあ。
あと高校から小学生?
それともただ単にアプリには手を付けてない感じなのかも?

明後日がいよいよチーム加入の日ですか。
なんかワクワクしますねー、年甲斐もなく。
廃人側よりの人間ですけど、上手くやれるのかなとも思いますがね……
あうあう、まあどうにかなるでしょう、たぶん。

サクサク金策

大学が始まった途端にプレイ時間が大幅減少。
これが現実……!

そんな中でも50万のためにせっせと金策。
今日はとうとう20万になりました。
金曜か木曜の夜に11万だったから、約一日2万のペース。
バッチリじゃないですかー。
国勢調査でわかったことだけれども、一人あたりが持つGが約3万。
また、10万G以上を持ってる人が全体の6%ということで、自分は充分に富裕層だったようです。
えー、うっそー?認識がずれてるー?(少ないほうだと思ってた)
……廃人化してるって言っちゃってもいいレベルになっちゃったのかな。
単純に効率のいい人間だと思いたいね。

それでも持ってる人は1000万Gとか持ってるそうで……
バケモノかよ!?
でも考えられなくはないんですよねー。
裁縫初期やってた頃はウハウハでしたし、レアドロップを最初に見つけた人って独占状態じゃないですか。
そう考えると全然不思議じゃなーい。
でもやっぱりキモいとは思いますね、うん。
っていうかなんだかんだで自分もオンライン初心者でしたね。
今までやってたオンゲではある程度プレイヤーが開拓したあとで、バザー価格などがめったに大きく変わらないゲームだったんですよ。
ドラクエ10で初めて実働最初から付き合ったオンゲになるわけですよ。
だから、最初の頃のバザー価格がずっと続くと思ってて、職人にそんな力入れてなかったんですよね。
もったいないと思う反面勉強になったなあ……

さて、ニンドリでチーム結成したようですね。
もしかしたら作るんじゃないかと思ってましたが、本当に作るとは……
多分入るんじゃないかなーと思います。
200名しか入れないので普通に足りないのではないかとも思いますが、一応行くだけ。

インタビューも結構気になる話出てたし、ああいう話が実現していくなら本当に10年戦えるコンテンツになるのかなと思います。(追加ディスクとかそういう話)
11が出てる頃に果たして自分はやってるんでしょうかね?
今の勢いならやってる気がしなくも無いですが、そうなると11を進めながら10をやってたりするのかな?
というか他のゲームにかける時間が無くなりそうで怖いなー、ホント。

オンラインゲームの真骨頂

今日も昼間はどっぷりとドラクエに浸かってました。

約束通りあるフレンドの人とドワチャッカ大陸の2つ目のキーエンブレムのボスを倒す……予定でしたが、このボスなかなかの強敵のようで、結構パーティ募集が活発。僧侶の人が捕まらないし、先に二人共終わらせていないウェディの方2つ目へ行こうということで、ウェディ終わらせてきました。
しかしここでもパーティ募集がうまくいかない……ということで酒場で借りて進めました。
一体目は余裕でしたね、スクルト状態ならダメージ1しか食らわなくてさっくり。
戦士なので壁に徹して、MP回復なしで勝利!
二体目も意外と行けました。
僧侶二人を雇って行ったので、不安だったんですけど一発クリア。
しかもフレンドの人も魔法の聖水一個しか使ってなかったですし。
びっくりするぐらい上手く行ったと思います。

で、終わった後に、褒められました。
立ち回りというか、連携が上手いですねと。
なんでも、戦士の人はむやみに敵を殴り、怒り状態になった敵をうまくロストアタック(怒り状態を解除する特技)しないし、後衛の動きに合わせて敵の動きの邪魔をしてくれない人が多いとのこと。
いやーほめられて嬉しかったですよ。
はっきり言っちゃうと、ずっとソロプレイで頑張ってたので、パーティの動き方が分かっていなかったらどうしようかとビクビクしてたもんなんですけど……
パーティ初心者ということを伝えたら、NPCは動きがバラバラでその動きを補助してたから、うまくなってたんじゃない?とのこと。
なるほどなと思い当たることマンマンでしたねー。

最近パーティプレイを初めて思ったんですが、やっぱりオンラインゲームの真骨頂はここにあるなと思いました。
今まではソロプレイで、苦労してボスを倒しても誰も何も言ってくれないわけでしたが、パーティじゃ違う。
喜びをわかちあい、ともに健闘を褒め合う。
仲間が人であることの喜び。
ゲーム的にも、それぞれの職業の特徴を生かし合って助け合うというのも、酒場メンバーじゃ感じにくいんですよ。
行動パターンが一定で、応用が効きませんから。
要所でそこは違うだろという行動をやらかすのがNPCですから。
そのやらかしをサポートしても何も言ってくれないしね。
これが人であるなら、頑張れ、ありがとうって言い合って助けあってる。
これが嬉しいし楽しい。
あと、オンラインゲームで本格的なものをやったことがなかったので、わからないんですけど。
ドラクエの戦闘システムはかなり良く出来てると思うんですよ。
特に重さっていうパラメーターとヘイト(怒り状態)かな。
これがいい塩梅に立ち回りを考えさせてくれてる。
自分のやったオンゲってほとんどアイテム連打でなんでもできるようなもんだったので、緊張を持ってボスと戦えるのは楽しい。操作できるキャラは一人だけですしね、いかに判断しカバーするか、考えてるのが楽しい。

自分は戦士がメイン職業なんですけど、戦士って人気職業なんですよね。
特に子どもに人気があるみたいで、多すぎて逆に需要がない。
中でも片手剣使いは人気なし!
というのも、戦士のくせに攻撃力が全然ない。
中途半端に育てようものなら、はっきり言って使いものにならないそうです。
そして自分は片手剣使い……
戦士的に盾は必須だろ、ロマン的に!と特に考えずに選んだわけですが、やってるうちに薄々気づいたわけですよ、こりゃ両手剣やオノの火力と見合うだけの防御性能を発揮しないってね。
盾スキルにふってやっとそれなりに魅力的になるんですよ。
といっても火力全開でも、ボスに対してはあんまり強いって感じじゃないんですよね。
現時点ではドラクエ10の戦士は、敵の動きを邪魔して、打たれ強さで身を守る、防衛職みたいなもんなんですよ。
魔法使いの方がダメージの要ですからね。
あくまで攻撃はおまけという感じ、個人的な意見ですが。

さて、ここで、スキルの振り直しについて。
自分はありだと思います、とはいっても多分殆ど使いませんが。
というのも、戦士はスキルの振り直しができないと現状一番困る職業なんですよ。
攻撃特化か、防御特化じゃないとまともに使ってもらえないみたいなのでね。
それに、ドラクエ10は初心者でも楽しめるようにしたいって開発陣はいってますからね。
たぶんオンライン初心者の子どもで、戦士を選んだ子は多いし、スキルの振り方だって失敗した子も多いと思うんですよね。失敗したらその時点で負け組なんて優しいはずがないわけですよ。
ま、1万Gで振り直し可能というのは安すぎるようにも思いますがね。

スキルの振り直しが失敗してたとしても、それを補い合って頑張るというのもいいかもしれませんが厳しいですし、やっぱり振り直しは必須でしょうね。
レベル上げに有効なスキルに最初全開でふって、後で戻せばヌルゲーじゃねえかと言っている方も多いようですが、そもそもそんな事言ってるのは充分にゲームやってる廃人側の人だと思います。
レベルを十分に上げてる現場だからこその意見じゃないですか。
廃人が得するゲーム、富める者が富むシステムなんてやってたらそりゃ初心者は大変だもの。

フリーコメント欄に、
ボクは小学生でドラクエ初プレイです。キーボードはお母さんがうってくれてます。(こんな感じ)
というふうに書いてるプレイヤーがいたんです。
で、パーティ組んで楽しんでる感じだったのでほのぼのしてんたんです。
こういう子もやってるゲームなんですよ。(中身が小学生とは限らないという意見は置いといて)
俺だったら、こういう子に対して「お前スキル的に微妙だからパーティ組みたくない」なんてことが言われるようになってしまうゲームシステムなんて絶対に作りたくないし、作ってほしくないと思う。
廃人の方々は現時点で一般プレイヤーと追いつけるはずもない壁を作ってるんですから、いいじゃないですか。
スキルで個性が出るゲームだから、皆おんなじようなのになっちゃうんじゃないというのは自分も危惧してますが、たぶん作り手も意識してくれてるでしょう!たぶん!

ということで今日は長い日記になったなあ。
天魔もできたらやりましょうという約束もしたし、今日一緒だった共通のフレンドのかたに竜のおまもり一書に取りに行きましょうと誘ってもらえたし、楽しみ。
金策も頑張らなきゃね。

独占!辺境密着24時

自分なりのマラソンを見つけました。
敵が強めなので避けが必須ですが、かなーりおいしい。
しかも高確率で価値高めの青宝箱を独占できるので、高価アイテムも手に入ってウマウマ。
っていうか逆になんで人がいないのか不思議なぐらいだと思う……

フロンティアスピリッツですよ!
自分で見つけて、情報を公開しない限りはほぼ独占ですからね。
時間が許される限りは蜜を舐め続けられるというのはでかい。
保守的に安全地帯ばっかりを行き来してましたが、やっぱり危険地帯にもメリットはあるんですね。
ハイリスクハイリターン、ただしギャンブルとは違って、自分の腕である程度操作できるという点で、やっぱり地道にがんばろうと思います。

確か金曜の朝の時点で11万6000Gでしたが、今は16万5000Gですしね。
調子が良かったと思うけど、約5万稼げてるわけですし。
良い感じじゃない?たぶん。

メジャーなランドンフット山脈も試してみましたが、素材の相場が低くなっているのでそこまでは稼げない感じか。
でもやっぱり安定して短時間で稼げますねー。
これはこれでいいんでしょうね。
人が多い分オトリも多くなるわけですし、そういう面でも初心者には勧めかも。

明日はフレンドの人とドワチャッカのボスに挑む約束してるので楽しみ。
かなり強いとのことで、大丈夫なのか……不安でもありますがね。

金策!金策ゥ!

コツコツと素材集めて売る作業……
地味だけどこうでもしないとお金が貯まらないですね、ドラクエ10は。
職人は裁縫してますが、出来の良さが星3つじゃないとまともに稼げない(というかほぼ赤字)ですしね。

そんな傍らで、ダイスで50万荒稼ぎする少年のニュースがあったり……
羨ましいな!
自分としてはダイスはありだと思いますよ、リアルマネー使わない、詐欺らない限りは。
町中でうるさいのも勘弁して欲しいとこですけども。
また、やったのか?やるのか?と言われるとNOですね。
地道にコツコツとやるのがいいんですよ!
苦労して稼ぐからこそ大事に使うってもんです。
とはいってもカジノが実装されたら行くと思いますけどねー。
だって、どうせカジノでしか手にはいらないアイテムとかあるわけだし。
今までのドラクエだとほぼ確実に稼げるスロットマシンがあったけど、オンラインとなった今作ではそうは行かないだろうということを考えると、あんまり行かないかもしれませんがね。

金がなくてくれくれしてる人もいれば、ダイスで短時間で荒稼ぎする人もいる……
なんという社会の縮図……!
市場(バザー)の方も、割とリアルな数値になってきてますし。
これでPKできるシステムがあったら殺伐としてただろうな。

素材集めのコツを書いとくと、2個拾いできる場所ですね、基本は。
それでもって短時間にたくさん集められるルートを探すこと。
できたら高価なアイテムの入ってる青宝箱も狙うとなお良いので、人が少ないとこもいいと思う。
でも強いモンスターがうろついてるとこの青宝箱にはパンドラボックスが出るので、盗賊のスキルは必須ですね。
一回普通に開けて瞬殺されたので、きっちりと調べるようになりました。
あとは当然だけども、ちゃんと大陸に合わせて売るってこと。
同じ素材でも相場がかなり変わるものもありますし。
微々たるもんですが、小さな積み重ねが大事!

夏休み終了

今日で夏休みも終わり……
あっという間だったなあ……
ドラクエ10に始まってドラクエ10に終わった気がする。

現在レベルは戦士50、武道家41、旅芸人37、盗賊36、僧侶29、魔法使い28。
10月の大型アップデートで家が買えるようになり、上級職もレンジャーとパラディンが追加されるようなので、レベル上げとお金稼ぎですね、それまでは。
ストーリーは終わらせられてたらいいかなぐらいの気持ちで。
とうとうRMT(リアルマネートレード)を取り締まるようになったようで、垢バン(アカウント停止)された方が2名いるようですね。うーん、もっとやれって感じです。

さて大型アップデートの内容が公開されたわけですが、
レベルキャップを外すためには職業50レベルで開放されるクエストを終えないといけないとのことなので、手伝ってもらうしかないかな、これは……
やっぱり、酒場だけじゃかなーり厳しいと最近わかってきたので。
家は50万Gから一定時間ごとに5000Gずつ値下げ → 最終的に2万Gとのことですが、廃人達によって売り切れるんじゃないのかとマジで思います。
てっきり無制限に土地があるのかと思ってましたが、そうじゃないんですね。
一応充分な数を用意してますとは言っても、現時点で予測されてない事態が多く発生してるわけですからね。
っていうか50万て……
職業裁縫の人間じゃ稼ぐの厳しいね……これは。
情報公開されて絶望的な気分になるなんて……すごいぜ。
さも当然のように広告で家が買えるとか宣伝されてた気がするけど、どうなるんでしょう。
初心者にやさしくない展開が目に見えているような気が!
因みに自分は現時点で12万ぐらい……
これは間に合うのか?
あいやー。

積みゲー崩しもドラクエ10に時間を吸い取られて、殆どできなかったわけですが、当分はドラクエ10で遊ぶゲームに困らないと考えれば、ゲームを買わない限りは崩せる……かな?
たぶん無理だけど……

祝!初フレ!

めでたくパーティを組むことに成功し8つ目のエンブレムをゲットしました。
嬉しいねえ……

で、思ったけど、ドラクエ10では街の入口で呼びかけあってパーティ組むのがセオリーになっているんですが、チャット機能がクソちょっと使いづらい仕様になっているので、ほんとうに大変。
というのも画面に表示される発言が一言だけなので、入れ替わり立ち代り誰かの発言がめまぐるしく画面の隅で変わっていくんですよ。
一応チャットログ機能で、確認することができるんですが、たぶんマナー指導とか誰もしていないからなのか、短時間に同じ人が同じ発言を連発してたりして、こんなんじゃあまともに組めるはずないよなあなんて思っちゃいますよ、普通に。
同じ目的を持つ人を探す機能もあるんですが、使っていない人も多いみたいなんですよ。
あと、目的は同じであっても、どういう人を求め合っているのかが表示されていないから、総当りしていくしかない感じなんですよねー。
ここらへんは改善して欲しいですね、ほんと。
少なくとも、パーティの組み方のやり方とかも教えたほうがいいんじゃないかと……
9月の平日昼間は驚くほど人が少なくなっている辺り、結構若い層が多く遊んでる感じですしねー。

ともかく!10分ぐらい張り付いて、なんとかパーティ組んでくれる方を探して!
めでたくゲット!なんすよ!
いやー、楽しかった。
ボス戦のあとにもシナリオ攻略手伝ってもらったりしましたし、雑談も楽しかったし……
今まで渋ってたのが不思議なぐらいに楽しんでましたねー。
めでたくフレンド登録もしてもらえたし、やっぱりオンゲであるからには一緒にやらないと損してる面はあるなと思いました。

でもやっぱりパーティ組むまでが大変だから、そこの改善希望ですね。
うん。

ロボトローぜぇー

アマゾンで頼んでたメダロット7がやっと今日届きました。
遅い!

早速やってみましたが、前作のメダロットDSの話が丸々なかったことにされていたのには笑ってしまいました。
まあ、酷かったですからね……
さすがにスタッフも厳重に受け止めたんでしょう。
で、ちょっとやった感想ですが、今のところバッチリです!

DSから経験値制じゃ無くなり、熟練度が上がることでメダルレベルも増える仕様になりました。
個人的には経験地と熟練度は別々がいいのですけれどもねー。
改善点としては、メダルの再育成ができるようになったことと、熟練度のおおまかな統一でしょうか。
前作ではレベルが99になってしまった時点で熟練度が上がらなくなり、中途半端に育てているとあまり強いメダロットにできなかったのですが、今回は後でレベルを下げてやり直すことも可能だそうです。
また、「うつ」や「ねらいうち」が同じ熟練度として「しゃげき」でまとめられていたりしますので、最初の一体についてはどちらかを育てるか悩む必要はないんじゃないでしょうかね。
とはいえまだ序盤、あとで違う熟練度を育てるかで悩むかもしれませんが。
そしてクワガタの方はまたどうなっているかはわかりません。

DSの時点でメダロット自体が3Dになって感動(ブレイブっていうのがあったけど)しましたが、今作でも綺麗にまとまってますね。2コアを持っている人がいたら、戦闘の様子は、あの戦闘アニメーションがそのまま3Dになったと思っていただければいいのじゃないでしょうか。
また、人物たちも3Dになりました、なんだか新鮮。
キャラデザインもほるまりん節を抑えられたものになっているので馴染みやすいと思います。
前作は絵にアクがあったからねー。
戦闘周りのシステムはかなり快適なんじゃないでしょうか?
戦闘中に武器の強さとか、敵のどのパーツを狙うかとか見れますし。
ただ、メダロットたちがマラソン(?)をやらなくなったのは人によっては残念だったんじゃないでしょうかね。
今までは、命令→真ん中まで走る→行動→命令地点まで戻るというのでしたが、今回はメダロットたちは動きません。行動までに至る様子はゲージに取って代わりました。実質ほとんど何も変わってないですね。

DSのも2に回帰という感じでしたが、今作も(DSをなかったことにして)2に回帰という感じです。
まだメダロットは一体しかいないので戦闘がどうなっていくかはわかりませんが、今のところは楽しめているのでこのまま楽しく遊べたらいいですねー。

それにしてもなんだかんだでメタビーとロクショウに落ち着くんだねー。
個人的には嬉しいけどね。
あと、藤岡建機さんデザインのメダロットも復活してるみたいだし。
楽しみ楽しみ。

おなじみのワルガキ系に負けるイベントがあったのはちょっと新鮮でした。

WiiUかあ……

HDMIでできるって言うことが今のところ自分の中では一番でかいですね。
自分の部屋のPC用モニターでできるってことですから、居間のテレビを独占する必要がないわけだし。
タイトルで気になってるのは今のところピクミン3ぐらいかな。
マリオはまだWiiのも買ってないし、先に買うとしたらそっちとなるでしょう。

VITAも欲しいけど、やりたいたいゲームが2本ぐらいしか無いし、まだ値下がりも来てないことを考えると買うのはもっと先の事になりそう。
で、それはともかくとして、気になるのがドラクエ10のデータの引き継ぎかな。
新しいパッケージを買わなきゃいけないのかとか、ベータの時点で引き継げるのかとか。
これは情報を待つしかないですかね……

話変わって、最近久しぶりに麻雀をやりました。
もちろん現実でじゃなく、ネットで。
未だにルールを完璧に理解しているわけじゃないけど、だいたいコンピューターがフォローしてくれるからいいですよね。フォローといっても牌を綺麗に並べたり、今なら鳴けますよーと教えてくれるシステムのことです。
現実ではこういうのに時間がかかりますし、見落としたりしてしまいがちですから、便利の何の。
友人たちとやったわけで、スカイプを通じてワイワイと……と思いきや、これが皆結構集中してだんまり。
というのも時間制限があるからなんですよね。
ネット対戦でやる以上は必要不可欠の設定なんですが、これがいい塩梅にプレイヤーを緊張させ、勝負に集中させる。友だちとワイワイやるのも楽しいですけれども、集中してやるのも楽しめますね。
ジリジリと身を焦がすようなシステムっていいなあ。
パズルゲームにはほぼ確実に取り込まれてるわけですが、違うジャンルでも上手く活かせたり出来るんじゃないだろうか。

とりあえず今日は、と言っても、もう日付的には(今日を14として)明日になっているわけですけども、さっきまでやっていて眠いので、さっさと寝ます。
お休みなさい。

作中主人公は何回ヒロインの名前を叫んでるんでしょう?

今日もほぼずっとゼノブレイドやってました。
寄り道を積極的にしないと戦闘が厳しくなってきた感じ。
レベルは55、ドラクエなら裏ダンジョンで遊んでるぐらいのレベル。

最後の仲間もパーティに加わり、いよいよ物語も大詰めというところでしょうか?
とはいっても明らか当初の旅の目的を超えた存在が出てくる感じを匂わせてくれてるあたり、まだまだ終わらないのかもしれません。
それにしても結構えげつない話をぶち込んできてるよねー。
演出的にマイルドにはなっていますが、よく考えたら酷いっていうのは少しドラクエに似てるかな?
ネタバレになるとはいっても宣伝で結構大々的なネタバレを公式がやってたので、なんとも言えませんが、序盤で死んだヒロインが機械の体になってまで戦うといってくれてるとかね。
よく考えるとまあ……
しかも、相思相愛レベルなのに、この仕打とか将来どうするんだ、エンディングどうするんだとか色々考えちゃいます。
明らかに、主人公のことを好いているパーティメンバーも一人いて、その子を内心応援しているお姉さん的パーティメンバーも、ヒロインが体の調子が悪いのに頑張ってる姿を見たらもう何も言えないだろうとか。
想像もとい妄想もけっこうしちゃう気がする。

ネタバレ防止のために内容がスカスカになる気がするので、もう一つ。
だいぶ前に買ってたポリスノーツもやってます。
ゲームアーカイブスでなので、PS版ですね。
音声が流れるシーンでは会話を飛ばせないなど、若干テンポも悪い気がしますが、その分手法的に臨場感抜群なので、序盤から結構ドキドキものです。(謎の人物を追いかけるシーンとか)
でも、ゲームということを重視する自分としては、キャラの登場の時にカッコで声優の人の表示をされたりするとそんなもんどうでもいいわとツッコミを入れたくなってしまったり……
良くも悪くも映画的なのってクセがありますね。
まあ、一番最初にこれから「ポリスノーツを上映します」っていう声からゲームが始まるから、そういうツッコミは野暮なんですけどね。逆にこれがなかったら容赦なかったと思う。

さて、このゲーム、本来はマウス操作もできます。
マウスなら射撃アクションの場面もラクラクなんですけどね。コントローラーだと結構操作性悪いわけですよ。
一応難易度は低めなようなので安心して大丈夫なんですけどね。
アーカイブスだとコントローラー一択なので、照準の細かい調整がシビア!
ゲーム中で射撃場があって、そこでシューティングのミニゲームが遊べるわけですが、これがまあ大変。
別にやらなくてもいいんですけど、550点のスコアを出せばある女性キャラの胸を触る(揺らす)事ができるって言うことで、男ならやったれってなるんですよ。(軽蔑の目で見ないで!)

一回目は240点ぐらいでこれは無理ゲーだと思ってたんですよ。
的は50、的の中心を撃つことで10点。
あれ?全部真ん中を撃ったとしても500点しか取れないじゃんと思ったら。3発まで打ち込めるよと何回も挑戦してたらゲーム上の相棒がほざきました。
さっさとそれを先に言え!と言わずにはいられませんでした。
早速今度は三発打ち込みを狙ってやってみたんですが、一発打ち込んだら的がすぐ引っ込むので2発しか撃ち込めないんですよ。コントローラーだと通常持ちで早い連射ができないからでしょうね。マウスなら多分出来ると思います。
それでもなんとか頑張って、550叩きだしたんですけど、マウスユーザーじゃないゲームには厳しいなと感じずにはいられませんでした。
そうそう、普通のシューティングパートで隠れたりできないっていうのも、コントローラーだと厳しいね。
マウスなら直感的にすぐ動かして撃てるけど、コントローラーは斜め動かしが厳しいし、照準の調整も難しいし。
ノーガード戦法でいるメリットがないのに、それでも果敢に立ち向かう……ある意味男ですよ。

因みにこのゲーム、女性キャラの乳揺れアニメーションにかなりこだわりを入れていたと記憶ではあります。
たしかそれだけのためのスタッフが二人いたはず……
乳揺れゲームの代名詞と言われたDOAが出たのが1996年らしいので、かなーり先駆けてますね……
とはいってもこのゲーム以前に女性キャラの乳揺れがあるゲームなんていくらでもあったと思いますが、プレイヤーの意志で動かす、専属の人がいるという2点は大きいのじゃないんでしょうかね。

しっかし、今日のブログは身の締まらない話ですな。
男だからしょうがないか、うん。

野郎同士でハートはマジ勘弁

ゼノブレイドやっとちょうど中盤って感じになりました。
プレイ時間36時間、クエストこなしてたらプレイ時間カンスト(99:59)するゲームとはいえ、ストーリー追うだけでも大ボリューム。物語としては、いよいよ機神兵とは何なのかについて明かされ始めたところですね。

昨今のJRPGにありがちなシステムといえば好感度系。
好感度システムがなくともキャラクターとのゲーム中での掛け合いというのはもはやドラクエも取り入れてるぐらいに浸透しているわけですしね。
一応このゲームにも仲間同士での好感度みたいなものと、好感度によって起こるイベントがあります。
好感度がどう上がるのかというと、イベントや戦闘での助け合いによって、そのキャラクターたちの頭の上などにハートがポワポワと浮かんで行くわけですよ……たとえ野郎同士であっても!
異性同士なら解らなくもないけどさ、ちょっとね……
生々しいというか、なんというか。
キャラクター同士の関係を表すアイコンも最終的にはハート型になるんですよ……モチロン男相手でも。
いやー、FE覚醒でも思ったけど、ハートだけを使うのやめません?
音符とかそういうのを使ってほしいね。
それともこれは一部の層のためなのかね?
だとしても大多数の人が普通の人だと考えるとやっぱりね。
ウホッは無理ですわー。
いや、ゴリラじゃなくて……

ルーンファクトリーでも思ったけど、こういうのって本当に需要あったりするのかね。
ルンファクの場合、男同士で仲良くなるとマジでホモ臭い会話し始めるので、男とは最終的に極力話さないようになったんですけど、これはルンファクの場合だけ?
それとも最近のゲームで好感度取り入れてるゲームは男同士でもそっちに需要がありそうな会話し始めるんですかね?ホモォってやつが一般に浸透し始めてるのだとしたら、今後出るゲームで野郎をつるませることができなくなりそうで怖いな。

ドラクエ10にかける時間……プライスレス

今のところ180時間ぐらい?
そんでもって職業は、戦士50・武道家41・盗賊29・旅芸人35・魔法使い22・僧侶21。
モチロン戦士がメイン。
結構レベルは高いほうなんじゃないでしょうかね、たぶんですが。
というのも、もう全レベル50と言っている人をこの前見たんですよ。
上には上がいるんです。(しかもすでに二人目のキャラも2職50とかね……)
裁縫は25ぐらい、毎日仕事分ぐらいしかやってませんね、儲からないので。
というか上級装備の方は儲かっているんですかね?
出来が星3つじゃないとまともな利益が出ないように思ってるんですけど……
星1つとかゴミみたいな扱いになってるし、ましてや0とかね……って言う感じ。

たぶん結構レベルは高いんですけどね……キーエンブレムは7個なんですよね。
無料期間中に6個か7個はとってたから、ここ二十日間ぐらいはずっとレベル上げしかしてませんでした。
ラスボスのストーリーの方も、ある程度進めて放置してます。
ドワチャッカとウェナールはまだボスと戦ってないんですけど、エルトナのボスが強くて……
酒場の人×3じゃ無理なんですかね?
それともメンツが悪いのか?
最初は盗賊と魔法使いと僧侶でいったんですけど、全体攻撃に回復が追いつかず全滅。
次は魔法使いと僧侶×2でいったら、あっさり僧侶が一人死に、ザオラルするも復活せずに、回復が追いつかなり全滅。
どうしろと……
そもそも酒場で僧侶捕まえるのにも一苦労なのに、ステータス高いのを捕まえようと思ったらどうなるんだろう。
やってられませんわ。

じゃあ、人に頼ればいいってことなんでしょうけどねー。
やっぱり抵抗があるんですよね……
応援とか死んでる人をザオで助けるとかはやるんですけど、どうもいざパーティを組もうとすると……
普通はネットのほうが気軽に人とコミュニケーション取れるもんらしいですけど、自分の中では逆ですから。
そんなわけでフレンド0!
これだけやっててフレンド0な人って相当珍しいんじゃないでしょうかね?
天然記念物並はいいすぎか。
結局パーティ組んだのなんて、発売後2日めぐらいの一回だけでしたし。(それも誘われて)
キーエンブレム6個目を取ったときは嬉しかったけど、全員酒場メンツで、何も言ってくれないもんね。
やったーとか誰も居ないから言ってみたりしたけど……まあ悲しいこと。

当然だけど、チームも属してませんね。
いっそのこと一人だけチームでも作ろうかと思いましたけど、現時点では何も得しないのでやめときました。
劇団ひとりならぬ戦団ひとりですよ。
あるゲームではひとりでも一揆出来るんだし、不思議じゃないよ、きっと。

まあでも、さすがにレベル上げに飽きてきたので、仲間探ししたいですね。
がんばろうと思います。

ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ

「心がピンピ~ン♪」

1994年に発売されたSFCでの育成シミュレーションゲームです。
もっとも、開発者の方はコミュニケーションゲームと言っているようですが。
確かに見守ってる感が結構あるゲームでしたね。

コルロ島を舞台に、機械の人間(ギジン)と人間で対立が起きているので、ジェペット博士と言う人物が回路Jを搭載した機械の少年ピーノを人間とギジンとの橋渡しのために作り上げたところから物語は始まります。
しかし、起動する前に博士が無実の罪で囚われてしまい、どうしようというところで、機械の妖精ティンク
が画面の前のプレイヤーに助けを求める……ということで、このゲームではプレイヤーがゲームの世界に干渉しているという設定になってるんですね。
これが結構後でグッとくる展開を作り上げてくれます。

ゲームの進め方はティンクに指示を出し(動かし)、ピーノを成長させていき、島で起こるイベントを成功させていくというのが流れです。
まあこれが大変。
何しろピーノはまだほとんどなんにも知りませんから、お馬鹿な行動ばっかり取るんです。
走る指示を出してほっといたら、壁に突貫、激突し呆然とする。
ボール球を投げるかとおもいきや、踏んづける、匂いをかぐ。
本を読ませようとしたら、ビリビリに破き切る、投げ飛ばす。
たぶん序盤は本当にこいつ馬鹿すぎるだろと思わずにはいられない行動をやらかしてくれると思います。
しかし、物の使い方を教え、イベント(干渉できない、ピーノの行動を見守ることになる)を無事に成功しきった時の喜びも実にひとしお。
どうすればピーノに正しいことを覚えさせてやればいいのかというと、ものを正しく使ったら、褒めてやり、間違えていたら注意(ピコハンで叩くこともできるw)することで、覚えていきます。
注意しすぎたりすると、信頼度が無くなり、いうことを効かなくなったりしてしまう辺り、人間臭いですね。
コノヤロウとも思っちゃいますが。

育て方によってパラメーターが変わり、理知的になったり、暴力的になったり、優しく元気な性格になったりします。実は正しい育て方というのがないのが実情なんですが……
というのもイベントに合わせて変えて行かなければいけないからです。
例えば時には戦わなければいけない場面もあるわけなのですが、そういう時に優しい性格だったりすると、武器を持つことができません。
また、物の使い方だって、時には間違えた使い方をしないといけない場面もあったりします。
ピーノを育てるだけじゃなくて、プレイヤー側もちゃんと状況に合わせてどうすれば上手くイベントをこなすピーノになるのかを考えなければいけないのです。
しかしこれがまた大変。
ちゃんと登場人物たちの喋ってる内容や、場面などを注意深く観察し考えないとうまくいきませんから。
正直、攻略サイトを頼らないと終盤はほぼ無理なぐらいに厳しい内容になってます。
絶対に無理ではないとは思いますが、何回もゲームオーバーになっちゃうでしょうねえ。

特筆したいのが、ゲームグラフィックと音楽ですかね。
SFCのなかで最高クラスだと思います。特にグラフィック。
アニメーションが豊かなので、見ていて楽しい、可愛らしい。
所々で入るピーノの声(日高のり子さんの声)もSFCの割には結構綺麗ですしね、ココら辺かなーり素晴らしい出来になっています。
ストーリーも結構シンプルで綺麗にまとめてますし、最後なんて目頭が熱くなるレベルですからね。エンディングは必見です。マルチエンディングですが、個人的にはノーマルのほうが好きですね。
エンディングに至るまではかなり大変だとは思いますが、実際に苦労した分だけ、ピーノやこの世界に対する思い入れも入っていると思いますので、その分だけ感動できると思います。

「心がピンピ~ン♪」(声付き)
というのは、回路Jを作動させるための心をピーノが手に入れた時に発するセリフです。
章立てごとになっているので、基本的に章の終わりには聞くことになりますね。
BGMのノリと相まって結構インパクトがあります、そして気に入ってます。

因みに続編のワンダープロジェクト2、CMが酷いことになっています。
実際のゲーム内容とかけ離れすぎているのが少しというか、かなーり残念。
まあ、このシステムでギャルゲーっていうのも面白そうだとは思いますが……
そしてワンダープロジェクト2の主人公のキャラクターデザインをしてる人は、借りぐらしのアリエッティのキャラクターデザインをした人だそうですよ。実際、二人のデザインはかなり似てます。具体的に言うと、髪の毛を洗濯バサミで留めてるところ。自分もアリエッティを初めて見たときは、ワンダープロジェクト2を思い出したぐらいですから。

思い切ったゲーム(ゼノブレイド簡易レビュー)

新品のギャルゲーを買ったのは初めてかもしれない。
それも、限定版……
順調に道を踏み外して入ってるなー、わー。

まあ買ったのは「そらいろ」という、元が18禁のゲームなんですが、それは置いといて。
最近のギャルゲーはメディアインストールできるんだね!
PSPで他にもギャルゲーをやったから解るんですが、まあ、相性がいいのか?と思えるんですよね。PSPとギャルゲーというものの。何故かといえば、ボイスを読み込むたんびに僅かな読み込み時間が入ったり、カシャーッカシャーッという音がしますから。

○ボタン

カシャーカシャー

○ボタン

カシャッ……カシャーカシャー

こんな具合に。

メディアインストールした感想ですが、すごい快適。全然音出ない。読み込み時間入らない。チョー快適。
とはいっても本来はそれが普通のはずなんですけどね……
アドベンチャーゲームにおける音声データはバカにならないらしいのでしょうがないとは思いますが、とりあえず、メディアインストール機能をどの作品にもつけるべきだと改めて思いました。

このゲームを買うことも結構思い切ったんですが、今日書きたいのはそのことじゃなくて、ゼノブレイドというゲームの内容。
実はちょっと前に買って、ドラクエの合間に進めてたんですが、すごいです。
もうさんざんゼノブレイドについてなんて書かれつくされてるし、今更感もありますが、まず個人的にすごいと思ったことを箇条書きで。
・世界を一瞬でワープできる、そしてそのことをゲームの設定に入れてない
・全滅しても誰も何も言わない、リスクほぼゼロ
・圧倒的な物量、RPG慣れしていても気圧されるほど
・戦闘がほぼオート、だけどちゃんと操作している感がある
Wiiという機種でのRPGの限界を見せつけてるんじゃないかとも思えますね、ホント。
というかWiiとか機種とか別にして、RPGとしてかなり思い切った内容のゲームになっていると思います。

まず一つ目、世界を一瞬でワープできる機能。
このゲーム、フィールドがとにかくでかい!
かなーーーーーーーり歩き回ります、というか走ります。
で、そのでかいフィールドがいくつもあって、ワープポイントが各地にあって、地図でポイントを選ぶことですぐに移動するんですよ。ここまでなら普通のRPGにもある機能なんですが、違うんです。
ほんっとに一瞬で、何事も無く移動するんです!
ドラクエならルーラという呪文があって、唱えることで移動しますよね?
それはつまり、ドラクエの世界にルーラという設定があって、人々はそれを使うことで移動するということです。
でも、ゼノブレイドは違う、チュートリアルで、地図でポイントを選択するとワープできますよという説明がされて、終わり。つまり、ゼノブレイドの世界には一瞬で移動できるシステム設定がされていないにもかかわらず、ゲームの快適性を優先して、プレイヤーに都合のいいようにされてるってこと。
さらに、ルーラって唱えたら、ビューンって飛んで着地するモーションが入るじゃないですか。
ゼノブレイドはポイントを選択したら、画面が暗転して次の瞬間には選択してポイント地点に突っ立ってます
これが本当に衝撃的だった。
主人公たちどうやって移動してるんだとか言うツッコミは野暮になるんです!

そして、主人公たちも一瞬で移動してることに対して誰も何も言わない!
しかもイベント中などを除けばどこでも可能、ダンジョン内だろうと関係なしですからね。
フィールドの大きさ?スケール?
ドラクエ8のキャッチコピーでこんなのがありました。
見渡す限りの世界がある。
ゼノブレイドならこうなります。
見渡し切れないほどの世界がある。
ガチです。
移動もわりかし自由だから、すげえ高い崖からジャンプして「うおおおおおおおおぉぉぉぉ」とかもできます。超ダイナミックです。

2つ目、全滅してもほぼノーリスク。
全滅してもリスク0なんて最近のゲームじゃ珍しくなくなってきてますが、これも一つ目と同じような理由で衝撃的でした。
全滅した、死んだ、死んだことに対するコメントの表示一切なしなんですよ!
やべえ、全員のHP0担ったと思った瞬間に、画面が暗転して、最後に行ったワープポイントに主人公たちが突っ立ってる。
普通にゲームなら、「やられてしまった」とか「目の前が真っ暗になった」とか「全滅した……」とか表示されるんですけどね、ネガティブなコメントは一切ない!
ましてや、「おお勇者よ死んでしまうとは情けない」とも言われない!
気持よく全滅できて、再出発できます。
それもなんか変な気もしますけどね。これはこれでありっす。
ちなみにほぼというのは、敵シンボルが復活してしまうから、ちょっと面倒くさいぐらいなのでほぼです。

3つ目、圧倒的な物量。
もう、序盤からガンガン圧倒的な波に揉まれます。
クエストの数、でっかいフィールドを歩き回る大量のモンスターたち、コレクションアイテム……
さらにはこれまたやたら色々とあるシステム……
けっこう完璧主義者だと思っていましたが、このゲームには負けました。
いちいちやってたら本当にストーリー進めない!
あまりにもやれることの数が多すぎるので、ストーリーを進めるうえで、都合が良かったらやろうと思っちゃぐらいにその物量差には負けます。
でも、やらなくても全然進めちゃうんですよね。
本当にオマケ的なものです。
でも、やっておくとちゃんと十分な見返りとかももらえるんですよね。
個人的には、町と主人公たちの関係的なシステムがいいなと思いました。
街に住んでる人で、名前の付いてる人は話しかけることで辞書的なものに登録されて、どんどんそのつながりが増えていくんです。ある人物とある人物との関係が見えてきたり、中にはクエストを達成することで関係が変わる人もいるという。見ていて楽しいですね、こういうのは。
時間帯によって人の行動も変わってたりしますし、何度も話しかけたりしなければいけないのですが、イベントが起こる度に人との会話を楽しむタイプの人にはたまらないんじゃないでしょうかね。
あと、装備品でキャラの服装が変わるのもグッド。
ちゃんとイベントにも反映されますからね!

キャラによって同じ装備でも格好は変わってきますし。
本当にどれだけ作ってるんだろう……

4つ目、ほぼオートな戦闘。
DSで出た「コンタクト」というゲームに少し似てますね。あくまで少しですが。
的に近づき、ターゲットすることで、戦闘モードに突入するコマンドが選べます。
選んだあとは、通常攻撃は勝手にやってくれます。
プレイヤーはあらかじめ設定しておいた、アーツ(簡単に言えば技コマンド)を選択して、状況によって使っていけばオーケー。後は位置取りですかね。他にもちょっとできることやれることはありますが、基本はこれだけ。
でも、これだけなのに楽しいんだよねー。
まず、MPという概念はこのゲームにはありません。
アーツは使うと一定時間使えなくなります、逆に言えば時間さえかければいくらでも使えます、なので出し惜しみせずにガンガン使って行けます、爽快。
モチロン、状況に合わせてアーツの特性をうまく使って行かなければならないのですが、これはこれで上手く決めていくのがまたもや爽快。

たとえば、
仲間が敵を引き付けるアーツを使う
その隙に敵の後ろ側に回りこんで、後ろから攻撃するとダメージ量2倍のアーツを使う
とかね。
基本的な戦法は丁寧にゲーム中で説明してくれるので、気づいたら普通にできるようになってます。

書こうと思えば、まだまだかけますよ、ゼノブレイド!
演出もうまいし、ストーリーもグイグイ引きこんでくれるし、プレイヤーに明らかに解らせてる展開もあれば、全然先が読めない謎もあったりして。序盤からいきなりクライマックスといってもいいぐらいに盛り上げてくれます!
キャラクターたちも親近感持てるし、べりぐー。
PS3で出たらなんて意見をよく見ましたが、やってて自分も思っちゃいましたもん!
これでグラフィックが超絶綺麗だったら、超ド級のモンスターゲームになってたと思います。
もちろん現在のグラフィックでも十分に綺麗な方で楽しめますがね。
演出見てたり、フィールド歩いてたり、キャラクター眺めてると絶対に思っちゃうってこれは。
むしろそう思わせてくれるこのゲームの勢いが半端ない!
すごいぜ!モノリスソフト!
そしてこの凄さはやらないとわからない!
Wii持ってる人は買っておけ!
万一あとでBEST版が出ても後悔しないクオリティーです。

色々と思い切った内容のゲームですが、これは間違い無く買ってよかったゲームですねー。
先の展開をワクワクしながらすすめるRPGなんて久しぶりですし、内容も充実してるし……
しいて欠点を言うなら、マップやメニューを開く時のちょっとしたロードぐらいだもんなあ。
やべえです。

ドリアードの扱いの悪さ

聖剣伝説2クリアしました。
終盤のうざったさに発狂しかかってましたねー……
イベントに結構グッときてるのに、雑魚敵がうざすぎるのと仲間がアホすぎるのでよくわかんない感じになってました。

レジェンドオブマナでも思ったんですけど、どっかゲームバランスがずれてるんだよね……
レジェンドオブマナは基本強い装備品作ってハメ。
2は魔法でハメ。
どうなのよって思いますね。
どっちの作品にも言えることはプレイヤー側もハメられることかな……
そういうところも何だかなーって思います。

序盤は結構普通に楽しめてたんですけど、特定の魔法しか効かない系のモンスターが出始めて通常攻撃がまともに効かなくなってモンスター側も魔法を使い始めてからもうあっぷあっぷ。
ただでさえMP少ないしボスまで温存したいのにキツイですね……
だから終盤はとにかく走って逃げる一択だったんですが、仲間が地形の溝に引っかかったりして上手く画面がスクロールしなくて敵によくボコられるもんだからほんっとーにまいりました。
ボスラッシュもあるしね、大変大変。

演出とかBGMとかも相まって最後の方はかなり良い感じに感動できそうなんですが、上記に書いた通り、敵がうざすぎるので惜しいと思いました。
いっそ作りなおしてくんないかな、1・2・3あわせて。
でも今のスクエニじゃあまともなリメイクは出来ないかもなー。
もったいない。

ロマン装備

ドラクエ10のオフラインの方をクリアしました。
意外とボリュームなかった。
オンラインがメインですからね、こんなもんかなーというところでしょうか。
ラスボスに当たる存在がちょっと意外なやつでにやりとしました。
シリーズ触れてる人ならたぶん分かると思います。
そしてクリアすることでオンラインのほうで手に入るアイテムがあるんですが、これがしょっぼいの何の!
思わずいらねえええと爆笑しました。

オフラインの方では自分の場合、妹を操作することになったんですけど、やっぱり作り手の人たちは男性プレイヤーを考えているのかなーと思いました。
というのも、たしか主人公を男にした場合は必ず兄妹は妹か姉になるんですよ。
で、ですよ、ドラクエシリーズではもはやロマン装備が定例化したじゃないですか。
ドラクエ3から始まった魔法のビキニとかあぶない水着などです。
(正確にはある機種のドラクエ2からありましたが)
いわゆるちょっとえっちな装備ですね。ドラクエ7あたりからまた実際にグラフィックも変わるようになったわけですが、今作はオンラインがメインだから、人目を気にする人の場合はこういった装備が楽しめないわけじゃないですか。
そこでオフラインで女キャラ(姉妹)をいじってくださいということなんじゃないでしょうかね?
じっさいあぶない水着がオフラインの方では手に入りますし……
オンラインの方ではまだ実装されてない辺り、あながち馬鹿にできない考えだと思ってます。

でも、正直全然あぶなくない水着ですよねー。
9をやってる人はわかると思いますが、ただの水着って感じです。
昔の攻略本などであぶない水着のデザインを見ると本当にあぶなかったりわけですが、3D表現になってあれを実装したら苦情くるレベルだからしょうがない……
でも8はかなり頑張ってた気もしますがね。
10だとどうなんだろう?
少なくとも現時点でロマン装備で手に入るのはあぶない水着だけだし、操作キャラも妹だからあんまし色気なかったですし……これがオーガのお姉さん系辺りになってくると変わるのか?
ていうか今思ったけど、プクリポのあぶない水着ってニッチすぎる気がする(笑)

それにしても毎日レベル上げはだれるね……
旅芸人とか魔法使い育てるの超大変だわ、火力が全然駄目。
魔法使いの方はレベルが上がれば楽になるらしいけども……
うーん。

続けてつー

ポポロクロイス物語終わりましたー。
いやー、ボリュームは少なかったけど、戦闘にイライラさせられてばかりだったので長く感じました。
正直、自分の中では戦闘のせいでゲーム評価を著しく下げてますね。
イベントもそこまで感動するほどのものでもなく、結構王道だったと思いますし。
今やると結構キツイゲームでしたね……

で、ゲームアーカイブスで2をダウンロードしたまま放置していたので、そのまま流れで少しやりましたが、すごいね!
グラフィックが超綺麗になってるし、イベントに音声が結構入れられてる。
モブキャラの描き分けまでされてるのには参った。もちろんいい意味で。
1と2で約4年間のあいているわけですが、ここまで変わるものなんですねえ。
戦闘の仕様も少し変わっててちょっと戸惑いました。
ゲームバランスは序盤なのでまだなんとも言えませんが、4年間もあいてりゃだいぶマシになっていると信じたいところ。
それぞれのキャラデザインも少し変わってたり、色が変化してたり……
ここは1のほうが良かった気もするかなー。

しっかしあれですね。
1は最終的にアイテムゲーですね。
まず間違いなくパーティのうち二人が全体回復と復活の役をやってりゃ負けませんから。
こうやって終わってみると、ボスよりも雑魚的に苦労していた気がします……
だって一回逃げられなかったらその戦闘中はもう逃げられないの確定ですから!
勝つか負けるかの二択です。
中盤辺りから意味分からないぐらいに強い技を連発してくる雑魚敵が複数出てきたりしますし……
その点ボスは一体で余裕を持って戦えますから……
どうなんだろ、これ。
今更初めてやるという人がいるかはわかりませんが、このゲームをやるに当たってのアドバイスを書いておくと、ガミガミ魔王城でレベル上げをしておけば楽できるってことかな。
本城に行く事が二回あるでしょうが、それぞれ敵がそこまで固くなく、経験値をそれなりにくれるし、回復施設もすぐ近くにあったりするので。
ハリボテの方も敵を何回でも引き寄せることが出来る装置が置いてありますし、引き寄せる敵もそこまで強くないですからね。魔法経験値をくれないのはちょっとネックだけど。
あと、ナルシアの風魔法が11レベルになると全体攻撃になり、戦闘がググっと楽になりますから、それまでが辛抱です。

戦闘以外はよく作られていたと思いますよ。
アニメーションは可愛いしよく動くし、キャラクターもそれぞれ立ってるし、音楽もいいし、小さなイベントが結構仕組まれてるし、街人がイベントごとに喋る内容変わっていくし……
でもやっぱり戦闘がなあ……
ということで、2がどうなってるか楽しみですね。
間にポポローグ入ってるし、4年間もあれば、ゲームバランスに関するノウハウもそれなりにあるはずだもんね。

夏休み延長線

一昨年までならば今日は絶望に打ちひしがれる日でした。
しかーし大学生となった今ではまだ夏休み気分ですよ、というか夏休みだし。
そろそろ成績開示が来るのでドキドキもんでもありますがね……

ドラクエ10の具合は意外と混んでました。
まあ、今日明日は土日ですからね、月曜がどうなるかですよ。
人がそこそこいないほうが狩りはしやすいし、少なくなってくれたらいいな……

そうそう、ちゃっかりというかなんというか……
某3DSでCERO:Dのあのゲームを買いました。
つーか、前作も実はだいぶ前に買って遊んでたというね……
もう最近はこういうものを平然と買えるようになっちゃいました。
駄目人間道一直線。
で、なんですけど。
アマゾンで買ったわけですが、初回購入特典が普通についてくるかとおもいきや、ついてこなかったというね……
どうやらちゃんと特典がついてるものを選んでなかったようで、箱を開ければガクリですよ。
まあ、正直ああいうのは処理に困るからなければないでいいかと思ったんですけど、やっぱり同じ金額払ってもらえるものならもらっておいたほうがいいじゃないですか。
今度からはきっちり気をつけようと決めました。
早速予約しておいたメダロット7の特典も確認しておきましたが、こちらは大丈夫でした。
メダロット7は楽しみですが、不安もあります、主にストーリー面で。
ちゃんと前作の悪かったところ改善されてるといいな……切実に!

ちなみに某ゲームの完全版は軽くやった感じですが、しっかりと前作の意見を反映させてる感じでしたね。
序盤から衣装が結構手に入る感じ。
バランスもほどほどに歯ごたえある感じになってますし。
ルンファク4でも思いましたが、なんか最近のマーベラスは続編をしっかりとパワーアップさせてるイメージですね。(とは言ってもこの2作しか触れてないけど)
いいことだと思います。
でも、前作の方どうしよう?
今回の方に前作分全部入っているので、存在意義がないという……
せっかくだから前作のセーブの受け継ぎとかできたら良かったんですけどねー。
残念。
FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。