スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計な心配

今日の銭金でビンボーアイドルと紹介されてた人がいたんですよ。
少し気になってネットで検索したら、普通にヒット。
少し拍子抜けしながらも、ブログを覗けば早速のコメントの嵐。
それでも最初に覗いた時は50だったんですよ。
今は1000超えですが…
ツイッターのフォロワー数は77から900近くへ…
すごいなーテレビ効果。
ちょっとした炎上並の数ですよ。
これを機に売れるといいですね。

結構昔から頑張っているようで、ネットにいろんな情報が落ちているもんで…
アイドルの厳しい世界ってやつを垣間見た気がします。
小さな仕事とか、うどんとか、ラジオ収録前の会話とか…

昨日は子役特集の番組見てて、
子どもには厳しいぐらいの汚い世界だよなあとか思っちゃうし。
変なところを勘ぐりすぎるほどに汚れてるのは自分の心の方でしょうが。
関係ないことに変な心配しすぎだよなあ…
スポンサーサイト

それってなんて…?

そういえばこの前、高校時代の同級生が結婚したんですよ。
つまりは大学一年でってこと。
それだけでもびっくりなのに、そのお相手と言うのがこれまた高校の教師。
もうびっくりびっくりですよねー。

先生と恋愛して結婚しちゃうなんて本当にあるんですねえ…
漫画とかそっちの世界の話だよなあと思っていましたが、身近でそんな話があると、あり得るものだと納得せざるを得ないですな。
先生を異性としてみる…なんて現実じゃあ結構厳しいもんじゃないですか?
それこそギャルゲーならあり得ますけどねえ。
現実は違いますでしょ?
あ、ちなみに言っておきますが、同級生は女で、先生が男ですので。
ギャルゲー言うより少女漫画?のほうが近いかなと。

でもどうなんでしょうね。
若いうちに結婚すると遊べないなんて言いますけど…
それはそれでやっぱりありなんでしょうかねえ。

ともかく、大恋愛(とこの場合は言っていいですよね?)してるような同級生がいるというのに、自分ときたら…!
情けないほどに女っ気ゼロですしね!!
ハハハ…
自分にしたら遊ぶような相手もいな…
…いたわ。
ラブプラス…もう手を付けなくなってどれほどすぎたかはわかりませんが。
かのキャプテンも「サッカーボールが友達さっ!」なんて言ってますし、ここはなぞらえて!
「テレビゲームは恋人さっ!」
…シャレになりまへんがな。

メタル系じゃあるまいし

天外で延々とレベル上げに励んだ結果、敵が逃げるようになりました。
明らかにレベルの上げすぎです。
たしかに先制を取られることは少なくなりましたが、それでもとられることには違いないわけで…
まだ上げようと励んでますね。

それでむかつくのが、先制を取った敵が逃げること。
まるでドラクエのはぐれメタルとかそっち系ですよ。
何の価値もない雑魚がやる点、こっちの方がたちが悪い!
しかもさらにむかつくのが、戦闘終了に関する仕様!
敵が逃げて戦闘終了になった時、それまでに敵を何体か倒していても経験値なし、お金なし!
どうしてこうしたと思わずにはいられません。
一気に仕留めないと骨折り損ですよ。

後今更ですけど、2人目のメンバーであるツナデ。
可愛くないのが斬新と思えてしまう不思議。
最近のゲームのヒロイン的ポジションのキャラはまず間違いなく美人ですからねー。
ヒロイン的ポジションにいなくても美人ですけど。
ツナデの場合ヒロイン的ポジションにいて可愛くないですからね。
加えてアホっぽいですし。
キャラとして面白いやつではあるんですけど。
全く華がない…
オロチマルは女装似合いすぎてなんか逆に萎えるし。
ま、1989年のゲームですからね、可愛いキャラなんかいなくてもしょうがないっすね。

小さな積み重なり

最近ツイッターで気になっていること。
トレンドにこれぐらいならいいかなと思える個人情報さらそうぜ的なノリのタグがよく出てるんですよ。
あれやってる人たちは馬鹿の集まりなのかなーと。
少し言い過ぎかもしれませんが、万が一には冗談にならないことにもなりそうですしね。

例えば、
・自分の身長から160引いた数字を呟こう
・自分の体重から50引いた数字を呟こう
なんてのがあったとしますよ?
この二つを組み合わせれば少なくともその人の身体情報に関して分かります。
仮に、前者を10、後者を10とすれば、その人は身長170㎝で体重は60㎏あると分かります。
何が言いたいかと言うと、これぐらいなら大丈夫かなと思える個人情報だって、
つなぎ合わせれば特定できるほどの個人情報になりかねないんですよ!

ただでさえ、普通の呟きだって個人を特定できる材料になりかねないのに、こうも特定してくださいとでも言わんばかりの呟きと言うのはなんなんだろうなと。
ハンドルネーム使ってる意味なくなりますやんと。
なによりあんたら「なにが面白くてそんなこと呟いてんの?」と思わずにはいられなかったり。

でもねー、こんなブログとかやってる時点で自分も人のことあんまり言えねえっすねえ。
でも意識はしてますからね。
たぶん…大丈夫じゃないかと。



天外は相変わらずです。
戦闘の5割は敵に先制とられてる気がします。
そして先制をとったことが一度も記憶にありません。
結構ストレスたまりまくりですね…
あと気づいてなかったんですが、仲間が死んでも戦闘後には金が半分とられて最後にセーブした場所からなのね…
嫌がらせかよとも思える仕様。
打倒マサカドの前に頭に浮かぶのは打倒製作者の文字。
2がよくできてるからぐっとこらえますが。
あと、途中で素人くさい声の坊主が出てきたんですけど、やっぱりあれって某王子なのかなあ。
でしゃばってんなあ。
最近は何してるんだろ?
某アイドルグループと言えないようなこととか?
あんまりいいイメージにないことは確かだからなあ…

RPGに求めない要素

最近古いRPGばっかりやってるからストレスがかなわない。
とうことで、RPGにおいていらない要素。

・敵のクリティカル攻撃
ドラクエの敵の技の一つとしての痛恨の一撃ぐらいなら敵の特性としてわかるんですよ。
でも、どの敵も使ってくるのは勘弁。
ゲームによっては本当にただの雑魚に一撃で殺され事になりかねないしね。
・異常な程に多い敵の先制攻撃
こっちが先制とれることは全然ないのに、敵はバンバン先制してくる。
こはいかに。
というか敵からの先制はいらないです。
特にターン性においては決まった行動の中での選択による戦略が楽しいところですから、不測の行動なんて求められていない気がすんですよね。うん、求めてない。
イベントで襲撃くらって先制とられたとかならわかるんですけどね…
天外Ⅰでただのボスに何のイベントもなく先制とられて体力9割奪われた時には愕然としましたね。
どっちにも言えることには、こちら側からやる分にしてはむしろ歓迎と言うこと。
当たり前ですが。

・強すぎるボスに対しての対抗策が通用しない
序盤に出てくるボスのくせに、終盤で使われるような技を使ってくる!
対抗策としての技封じだ!
効きませんでした→全滅
壁パンしそうになりましたがぐっとこらえました。
100%技が効かないなら、強すぎる技を2ターン連続使用させないようにしたりしろや!!
運が悪くて死亡、なんて納得できませんよ。
・主人公が死んだら全滅
仲間が死んだら復活できるくせに、主人公だけは死んだ瞬間ゲームオーバー。
そんな特別扱いはいりません。
やるならプレイヤーが納得できるようなバランスと理由をもってこいってもんです。
・上がらないステータス、対して敵の強さはうなぎのぼり
単純に進めたくなくなりますよね。
特にレベルアップシステムじゃなく、ランダム成長システムにありがちな気が。
確実にプレイヤー側の人たちは製作者の意図しないステータスの上げ方に励んでいます。

最近遊んだ3本からはこんなとこでしょうかねえ。
今のゲームじゃ珍しい要素ですよねーこれら。
やっぱり自然にも求められていないものは消えてくのでしょうね。

一桁の戦い

天外魔境やってます。
PSPで出たコレクションのやつ。
それで、Ⅰのほうをね、やっておりますねー。

今、段(レベル)が13ぐらいなんですよ。
普通のRPGだったら2、3レベルぐらいじゃないかなあ。
敵に与えるダメージが二桁になるのって…
いやですね、やっと10を超えるダメージを敵に安定して与えられるようになったんですよ。
もちろん通常攻撃の話なんですけど。
これってどーなのさ?
敵からくらうダメージもまたしかりなんですけどね。
レベルが上がっても強くなった気が全然しないというのは辛いっす。

逆にⅡのほうはびっくりするぐらい、1段上がると強くなりますね。
こっちの方が自分としてはあってるなあ。
ダメージ計算式をドラクエをやって作り上げたって話を聞いたことあるんですけど、
絶対ドラクエと違うね(笑)
それぐらい1段の差が激しい。

そのまんま移植してるイメージですけど、やっぱり修正入れてる場所とかもあるんですかね?
元が分からないので何とも言いようがありませんが。
と思って調べたら、修正入っているようですねー。
全く!都合の悪い世の中になったもんです!
まあ、でも…例の絹のシーンに関しては、良かったかな…
グロイのはちょいとね。
でも、豚は残念。
そこまで気にするほどのもんじゃないのだろうけど、素直に楽しめるというかなんというか…
そんなものを素直に楽しむというのも考え物ですが。

さっさとⅠを終わらせてⅡを楽しみたいところですね。

りあじゅー

GB版SAGシリーズを成敗してやったので、アドバンスを片付けました。
しばらくはまた引き出しの中で眠るでしょう。

SAGA3は結局最後までつまらなかったな…
ボス戦がどれもワンパターンだったような気がします。
雑魚敵は最後まで素早さ高くて参りましたしね。
完結編とか言ってるけど、繋がりが全くないし…
なんだったんだろ?

それでも積んでるゲームはたくさんあるわけで…
天外魔境コレクションなんて何時間かかるんだ!?
Ⅱだけで100時間かかるとか聞いてるんですけど、ヤバいでしょ…頑張りすぎだっちゅうの。
今まで一番時間のかかったRPGはドラクエⅦだったわけだけど、どうなることやら。

話は変わって、リア充って現実が充実してる人のことを言うんですよね。
となると、今自分はリア充かなあ…と。
早寝早起き、最低限の運動、手伝いではあるが家事をこなす…
友人とも程々に遊んだり、連絡取ったり。
恋人はいないけれども、趣味に没頭できる。
なかなかのもんじゃあなかろうか?
もうすぐ終わるでしょうが、それまで楽しむことにしましょう。

親曰く、食べ物に関して栄養はどんな場所にでもある、だそうで。
手伝う際にそういう話を聞いたので、普段は食べない場所も料理してみたり。
すると、たしかにいつもよりは味的に食べづらいけど、そこまで気にするほどのもんじゃない仕上がりでした。
結果的に捨てる部分がなくなったので、ごみも少なくなって、エコだなぁとしみじみ。
となると、やっぱり外食とかはそういう面でも控え目が望ましいのだなあと思いました。
まあ、エコなんて人間の都合ですからそんなに好きな言葉じゃないですけどね。
なにより、捨てる部分を切り取る手間が省けるので調理が楽だし。
そんなもんですよ。
花の独身生活への一歩ですな。

コイツ…できないっ!

SAGA3で嫌になるぐらいレベル上げしたというのに、
そこら辺の敵に普通に素早さで負けます。
What's?
レベル25のアシストキャラの素早さに、レベル33の主人公が負けてます。
Why?
なんなの?どういうことなの?

SAGA2はなんだかんだでクリアしましたけど、
バグ技がなければ投げてました。
だって、ねえ…?
ボスの強さ異常だろ!!
オーディンで詰まって、攻略法探したら「ステータス上げろ」ですって。
なめてやがる…
そのステータスが全然上がらなくて困ってるんだろうがよ!!!!!
結局、ごみ箱を使うとなぜかステータスが上がっちゃうバグでごりおししましたが。
アポロンもひどかったね…
ムラマサ→フレア→ムラマサ→フレア(←ここで死ぬ)
ローテーションがこれだけなのに、まあひどい。
一人しかいないエスパーぐらいしか魔力上げてないのでね、皆よくくらうこと…
結局変身前にぼこる準備を整えて挑んだら、ぎりぎりで勝ちましたが。
馬鹿じゃねえのと思いましたね。
その後もまたひどい。
延々と長い一本道を逃げることのできない敵を相手に進んでいく。
シンプルにこう思いました、ファッ○。
もちろんセーブアンドリセットでちまちま進めましたよ。

途中の中ボスなんか何回、○ね!、と思ったか。
あと、ラスボスね。うん。
最初は「よえええwww」って思って、
音楽変わって「ん?」と思ったら、
また音楽変わって「どういうことなの…」ですよ。
全体回復できる技がありませんでしたからね、
くらうダメージ数がランダムっぽいので運ゲー状態でしたわ。

それでもアポロンよりかはましかな…。
っていうか秘宝をもってくバ○アがいなけりゃもっと楽に勝てたわ!

それでもSAGA2を名作だとあがめてる人がいるらしいですからね。
すごいなーと。
正攻法でクリアできる気がしないけどねえ…
みんなもしかしてドMなのか?
それとも、自分のプレイの仕方悪かったのか?
何はともあれ、もう二度とGB版に手を付けようとは思いません。
DSで出たのはましになってるのかなあ…

並以上で!

飯の話じゃありませんよ。
ゲームの話です。
最近、面白いゲームってどう作るって話がよく目に入る気がするので、
それについてちょろっと考えました。
正直ワカランですよ。

で、発想の逆転。
「つまらないゲームを作らないようにするにはどうすればいいか」ってとこですか。
加点方式ならぬ減点方式です。

RPGに関してで、かなーり大雑把に減点の対象となる点を考えていくと、
・ロード時間
・戦闘のテンポ
・ゲーム全体のテンポ
・ゲームバランス
・色々な分かりやすさ
ほかにもあるでしょうが、いくつか例を考えればこんなとこでしょうか。
ここで大事なのは、どんなRPGもが持つ点についてことです。

今やってるSAGA3に当てはめて考えれば、
ロードはGBなんで全く問題なし、-0点。
戦闘のテンポはいちいち動作が遅くてたるい、-10点。
ゲームバランス、大雑把すぎる、-10点。
装備品、魔法の効力が分かり辛い、-10点。
こんな感じで。

加点をしてもいいんですが、そこは他とは違うしっかりした良さを入れるべきでしょうね。
最近やったのでいえば、グローランサー4のPSP版。
あれにはリセットコマンドが備わっているので、やり直ししたいときにすぐできるのがすごくいい。
他のPSPのゲームだと珍しいんじゃないでしょうか。
大抵はホームボタン押してリセットしなきゃいけませんので、面倒くさいことこの上ないですからね。

他のゲームとは違う点についてはと言うことですが、
たとえば、「よくこのシステムは画期的」なんてのを売りにしたゲームがありますけど、
大抵は似たようなシステムが前に出てたりしますし、
2作目なんかができた日には、もう比較できるものがあるわけで、
それらを比較してよくなっているか悪くなっているかでいいんじゃないでしょうか。
もちろん、比較する点は、そのシステムだけについてで。
全く比較するものがないよ!と言う場合にでも、
気になる点ってやつは多少は出てくるもんです。

結局、多くのゲームをやってればやってるほど、
ほかのゲームとの共通点について比較して、気にしがちですので。
最低の基準ってやつを意識するのが大事なんじゃないかなと。

(個人的にはロードで待っていい秒数は5秒までとか。
マップ変わるたびに音楽途切れて、5秒ぐらい待たされたりしますと放り投げたくなりますからね。)
あるゲームのロード時間が5秒だとして、
初めてゲームをやった人は5秒のロードについてそういうものだと思うかもしれませんが、
1秒のロードで済むゲームをやったことある人がそのゲームをやったら、これはひどいって思いますよ。


実際にこういうのは作ってみなきゃわからないのかもしれませんがね。
的外れな考え方かも。



ここからは、かなり個人的な思いと言うかなんというか
RPGに関しての話ですけど、ゲーム性について考えると、
ストーリーなんてあんまし重要じゃないんです。
誰もが目に入れるのはストーリーと思いがちですけど、
戦闘のほうが何度も何度も繰り返し目に入ってきますからね。
そう考えれば、大切なのは戦闘周りの方なんですから。
SAGA3は並に見えて、並以下ですよ。
1、2はABスタートセレクトでリセットできてたのにできてなくなったりとか。
そういう小さなところの心配りが大事なんですよ。
先にゲームシステム回りありきで、そのあとストーリーなどだと思ってますので。
ゲームの要となる戦闘でイライラしながらストーリーを追っかけても、
粗が見えるだけ、もしくは粗に見えてしまいがちですからね。
そういう意味でも細かい心配りは大事なんです。
人間で言うなら、ストーリーは外見で、ゲーム周りが内面です。(個人的に)
いくらイケメンでも中身がクソならクソ!
外見はいまいちでも、中身が細かい気配りの効くいい人のほうがいいですよね?
(自分だけかもしれんが)
こう書いてるとストーリーについて厳しい人かと思われかねますが、
あくまで説明をするために引っ張ってきただけです。

結局言いたいことは2点。
・細かい気配りを意識しろ!
・ある点について比べて、それは平均以上になってるか!?

ってとこでしょうか、うーん。

考えながら書いたので、読みにくかったり、解りにくいかもしれません。
ま、気にするほどのことでもない考えでしょうが。

それにしてもこの女神様、ノリノリである

新・光神話(ひかりしんわ←ここ重要!)パルテナの鏡のサイトを今日初めて見ました。
わー、すげえ面白そう…
金がないからいまいちテンションが乗り切らなかったり。

基本的なゲーム内容は罪と罰の携帯機バージョンって認識でいいのかな?
桜井さんらしい要素がふんだんに詰め込まれまくってますね。
「宝物庫」とか、「クリアチェッカー」まんまですし。
「悪魔の鍋」なんかはハイリスクハイリターンにのっとってますし。
もう、はんばお約束みたいなものなのか?

ARおドールなんて、金がかかりそうな要素もってこられたなー…
実際のゲーム内容にはほぼかかわってこないので、無視してもいいのだけれども…
集めたくなっちゃうものなんですよねー…
可能な限り集める方針で行きますかねえ。

ゲーム内作曲者たちもそうそうたるメンバーですし、
アニメーションコラボ、祭りとのコラボ、はたまたARカードとお菓子とのコラボ…
どれだけ力入れてるんだ!?
内容にも期待大ってとこなんですけど、お金がなーい。
はああー…

個人的に、パルテナ画廊で見られる動画で、ピットとパルテナ様の2人に笑ってしまいます。
特にパルテナ様、ノリノリでしょ!
女神様らしいところ全然感じられませんよ(笑)
ピットもたまに悪乗りに走りますしね。
いやー、現代版として出すと、こうまでキャラに設定って肉付けされるもんなんですねー。
やっぱりキャラの魅力ってやつは現代においては必要不可欠なんですかね。
悪くはないとは思う一方で、首を少し傾げちゃいます。

発売までの残り日数がわずかですが、がんばってお金を貯める努力ぐらいはしましょうかねえ。
手段と言っても、親の家事手伝いぐらいしか思いつきませんが…
自分でいうのもなんですが、小学生かよ…
これから大学生だというのに、なんだか泣けてくるな!おい!
でも、独り暮らしをするようになるまでに、生活の基本と言うものを学ぶ機会は少ないので、
これもいい機会だと思えば、ね。
ギリギリ…許容範囲か?
大学入っても実家通いですからあれですけどね。
料理ぐらいは覚えておいて損はないでしょうし…
そうと決まれば交渉しますかねえ。
この年で、そういう交渉と言うのもなんだか情けない話ですが。
明日の為に!ってやつです。
そういうことにしときましょう、ええ。



そういえば、ディスク版のほうはクリアしたけど、結局、鏡ってなんだったんだろうなー。
鏡について話ってあったっけ?
全く覚えてないな…

白い日

何が白いのかは知りません。
これを作った菓子業界にでも訊いてください。
というかまた菓子業界かよ…東アジア限定だし…

お返しは3倍返しと言うのは女性誌によるものだそうで。
ふーん…
女性を敬えとかの風潮か?
むしろバレンタインで優位に立ってんだから見返りなんて求めてんじゃねえ!

ここだけの話、値段分のうまい棒を送れば喜ばれることは間違いないよ!
来年に機会があったらやってみるといいかも☆(責任は負いませんが)
俺だったら大喜びですけどねえ。
あとは、お返しに手作りで美味しいもの作って返してやれば、皮肉にはなるんじゃないかなーと。
技術を磨くのが大変だったり、そこまでしたくなかったりでしょうがねえ。

ちなみに広辞苑で調べたところありませんでした。
といっても、第五版なので、第六版には書かれてるかもしれません。
でもバレンタインデーは書かれてるんだよね。
やっぱりいらねえってことなんじゃないかな。
バレンタインデーを歌ったものはたくさんあるのに、
ホワイトデーを歌ったものは全然。
やっぱりいらねえってことなんじゃないかな!

ともかく何もないいつも通りの日でした。
明日も今日とそんなに変わらないでしょう。
そんなもんな日なんですよ、実際、もらわなかった人たちには。

テンポ○、テンポ×

SAGA2とSAGA3を同時並行で進めてます。
SAGA2は正当な進化…ですが、ステータス上げづらくなったのでノリきれない。
SAGA3はもはやSAGAじゃないってぐらい雰囲気変わりすぎ、並以下のRPGって感じ。
ただのSAGAがなんだかんだで一番とっつきやすかったかもしれない。

ドーピングで無双できましたからね、1は。
2は普通になっちゃて育てづらいですよ…
まだ序盤ですけど、ロボが一番育てやすい気がする。
人間とエスパーはHP伸びてくばっかでほかのステータスが全然上がらないし。
上がったとしても戦闘での行動に依存だから、基本的に一種類のステータスしか上がらない…
エスパーは1のころは防御力もぐんぐん育って頼りになったのになあ…
魔法は強力だけど、素早さ低くてぼこられるし…
うがー。

3はなんだろうね。
とりあえずテンポ悪いね、戦闘。
あとSAGAである必要が全くなくなったね。
敵がうざいね、特に状態異常系。
装備品の強さがわかりづらいね。
あれ?なんでやってんだろ…

放置してたLUNARもやってるけど、こっちもテンポ悪い…
ロード地獄っすよ、1000型なめんな…
あとなんか、素早さが機能してないらしいね、これ。
ゲームアーツが終わったのか、ガンホーが終わってるのか…
後者であってほしいぜ…

これがつみゲーのサガか…

もくもくと積みゲーを消化中。
今日は魔界塔士SA・GAを消化。
サガはいいけど、SA・GAってなに?
そう訊くのは野暮と言うものなのでしょう。(単なるカッコつけだろうし)

しっかしGB初期のRPGと言うこともあって色々とキッツイね。
特にゲームバランス、結構ハチャメチャだよね…
バグも普通にあるし…
御世辞にも今となっては名作とは言えないなぁなんてやっててぼやいてましたよ。
たしか16階だったか、
倒せないボスがフィールドで延々と押せってくるときはストレスがマッハってやつでした。
「バイクに乗ってれば朱雀に襲われにくいぜ!」
なんて言ってるやつがいましたが、普通にバイクのってても、
出るときは一歩で出るし、それも連続で。

SA・GAといえば「かみ」なんですけど、やっぱり強いね。
回復役を作らないでプレイしてたので、普通に戦ったらあっさり殺されました。
その直前の四天王なんてクリティカルで一撃だったのに…
本当に強さが別格だわ。
その強さもチェーンソーの前ではまさに紙なんですけどね。
持っててよかったチェーンソーですよ、ほんと。



そういえば、明日で1年ですね、地震から。
あれから一年、あっという間だった気がしますよ…
光陰矢のごとし。
大学生になったらきちんとしなきゃね。

しとしと雨

ここのところ雨の降らない日は外に出て歩くなり走るなりしてますので、
結構引きこもり生活中につけた肉が落ちてきてます。
健康って素晴らしい…
不健康のほうが楽だけれどもね、やっぱり疲れた体をこてんとベッドに倒すのと、
精神的なだるさだけでベッドに倒れこむのとでは全然違いますからね。
明日は晴れるといいなあ…

イヤホンを耳に突っ込んでから外に行く外に行くのが癖だったんですけど、
最近は付けてないほうがいいかなと感じてきました。
危険察知の為にっていうのもありますが、自然の音が聞こえますので、ね。
走ってる時は走ることに集中してますので、周りを気にすることはないのですが、
歩いているときは結構ぼんやりと考え事しちゃう癖があるので、
そっちの方がフィーリング的にいいかなーと。
歌はいい意味でも悪い意味でも、頭の中に干渉してきますので。
野暮ったいと感じてしまうこともしばしば・・・
一応、外に出るときは持ち歩くんですけどね。

それにしても、やっぱり散歩する人はじいさんばあさんしかいない。
若い人が全然いない。
一人くらいいてもいいかなと思うのだけれども、その一人が自分ってことなのでしょうか。
うーん。

siriすごい

siriが話題になっているようで、色々とみましたがすごいですね。
可愛いかなり高性能らしく、面白いぐらいに声を拾ってくれるそうで。
iphone4Sじゃないことがちょっと悔やまれたり…
まあいつかは触れられる機会があるでしょうし、楽しみはとっておきましょう。
それにしても本当に可愛いポテンシャル溢れるアプリ…

いつかは人工知能搭載の携帯電話とか出てくるようになるんでしょうか?
そしたら、人工知能が反乱を起こしたりとか、人工知能とそういう関係になったりとか…
なんて、漫画の読みすぎですね。
でも夢があるわ…

実際siriだけで恋愛シミュレーションとかできそうじゃないですか?
自分の言葉で、相手と会話を楽しむ。
普段人付き合いが苦手な奴らに大人気ですよ!
その分膨大な会話パターン用意しなきゃいけなそうですが…
少々機械らしさを残しておいて萌えポイントにする!とか…
でも、廃人つくりそう。
強者とか電車内でぼそぼそしゃべりながらにやけそう…
やっぱりないかな…

なんにせよ、現状で大きなお友達たちにあれだけ喜ばれてるのですから、
日本の未来は明るいネ!

ブログ名変更

レビューついでにブログ名変えました。
横文字なのは気にしない。
言ってることはおんなじですからね。
いつまでもゲームを楽しむっていうことと、いつまでもゲームを愛するってこと。
気分を変えるついでにっていうことで、ヨロシクオネガイマス。

ゆうとっぷ レビュー

だいぶ前にでたフリーのADVですね。
久しぶりにプレイしてやっぱりいいゲームだなと思ったので、久しぶりのレビュー。

ある日、ひょっとしたことから主人公(志野明雄)はクラスメートの水村さんを助ける代わりに事故にあい昏睡状態に陥ってしまう。実は幽体離脱を起こし、霊体が外に出たのだが、霊体となった主人公を見ることができる人はいない。とおもいきや、同じ霊体である女の子(ツキミ)と出会い…
昏睡状態となって目を覚まさない主人公の家族、事故を起こしてしまった本人である水村さん、主人公のクラスメート、幽霊であるツキミ。
周りの連中を見ることはできなくても見れる中、ツキミと一緒に過ごしていく中で主人公は周りを見てどのように考えて行動していくか…
それがこのゲームのポイントでしょう。

なんといっても癖のない文章がとても読みやすいですね。
主人公が喋る一人称の形の文ですが、
ありがちなつまらないギャグを言ったりするオタクタイプじゃないので。
勉強はできず、少しガサツなところもあれど優しいタイプで安心して読んでいけます。
周りのキャラクターたちもちゃんとキャラとして十分に立っているので、面白い。
悪友の山田、どこかずれた鈴木、常識人かと思いきや天然気味な委員長…
主人公の友達に関しては笑えるところが多かったですね。
ヒロインを抑えて鈴木なんて人気があったりするんじゃないかと思います。(理由は後述)
ストーリーもトゥルーエンドに関してはご都合なところもありますが、
基本的に運び方はうまいので違和感はそんなには感じないと思います。
いい人たちしか出てこないので、バッドエンドはありませんよ。

悪いところがあるとすれば…絵でしょうかね。
某ゲーム紹介サイトのコメント欄では絵について「のっぺり」言われまくってます。
(niceのっぺりってなんだよ…)
個人的にはやってるうちにこれも一種の魅力であると肯定的に受け取れましたが、
人によっては駄目かもしれません。
あとは作中で野球ネタがしばしば出ますが知らない人にはさっぱりだったり。
今となっては結構古い作品だったりするので、
出てくるネタも古くてわかりづらかったりするかもしれません。
それを補えるほどのキャラクターたちの魅力があるので気になるほどではありませんが。

CGが使われることはないので、
クリア後にシーン閲覧なんて出ないこの作品ですが、代わりなのでしょうか?
おまけというのが出てきます。
内容はゲーム内キャラによる短編集。
主人公のちょっとした日常を描いた「北斗の拳アイス」
始まりであるちょっとした事が少し変わっていたらというもしもの話である「27番」
ある人物の本編後を描いた「雷電」
どれも短編ですが、きっちりと面白さを押さえてます。
主人公の周りのキャラにスポットライトを当てた感じなので、
この話でもっとキャラが好きになることでしょう。
上で述べました鈴木がなぜ人気がありそうなのかは、この「27番」の話が鈴木の話だからです。
男性ならばドキッとするような事を話の終わりでやってきますからね。
なかなか底が知れないキャラですよ。
北斗の拳アイスも妹の良さを描きつつもオチも面白いですからナイスです。

この作品における一番の魅力はやっぱり出てくるキャラたちの魅力だと思いますし、
作者さんもその魅力をちゃんと解ってて上手く描いています。
ですので、やってみようかなと思った人は是非どうぞ。
間違いなくお勧めできる一品です。



蛇足
ゆうとっぷの意味ってなんなんでしょうね?
今となっては作者さんであるはむたいらさんのHPがなくなってしまいましたので、
作者さんにタイトルのゆうとっぷの意味を訊くことはできません。
あくまで個人の考えですがyou topをゆうとっぷと読んだのではないかと…
文法もへったくれもありませんが、かなり意訳して「あなたが一番」とかそういう意味ではないかと。
作中で明雄も悩んだ末に結構大胆なことをやろうとしましたしね。
まあ、真相は今となっては確かめようがありませんが…

ぎゅうにゅうおいしいです

なんか知らないうちにtwitterと公式で連動できるようになってたんですね。

へえー。

だからと言って連動させようとは思いませんが・・・
だってほら、ろくなこと呟いてないですよ?

一日の発言をまとめる機能ですか?
下手したら変なこと一発だけ呟いてはい終了ですよ。
たとえば、うーん。

今ふと気づいたんだけど、マカオって逆に読むと、おかまだ!

とか?
これだけで、記事になった日にゃあ目も当てられませんって。

短い記事の中にぽつんと

今ふと気づいたんだけど、マカオって逆に読むと、おかまだ!

わいたのかと思われますね。
頭大丈夫ですかー?って
駄目かもしれませんな・・・


さて、話は変わりますが、うちにある飲み物は牛乳と水しかありません。
ジュースとかの類は飲みたいなら自腹、したがって、牛乳一択なわけですよ。
好きだからいいんですけどね、牛乳。

美味しく飲んでたわけですよ、牛乳。
そしたら隣にいた姉が
姉「牛乳をよく飲む人って普通の人の3倍前立腺癌になるらしいよ」
前立腺って、あれだよな…?
えーうそーまじー?
そんなの信じられるわけないじゃないですかwww

いそいそと部屋に戻り、一応前立腺について確かめる俺。
ついでに前立腺がんについても調べる…
俺「…………………」










ガチじゃん。

牛乳を少し控えることを決めた。

ま、丁度今は引きこもりライフのせいで絶賛贅肉な体を絞っているところなので、いい機会でしょう。

積みゲーは崩せるのか

ブレスオブファイアⅡクリアー。
正直、ゲームバランス悪いし、テンポ悪いっすねー。
なんか雑さを感じるところも結構あったし…
異様なまでのレベル上げと調理によるドーピングで、一応サクサクすすめましたが、ね。
いいところと言えば、キャラが魅力的だよなーと思う。
ストーリーも締めるときは締めてるし。
人に勧めるようなゲームではないけど、個人的には気に入ってるゲームってとこでしょうか。

日本のRPGにしてはパーティメンバーに人間以外の種族がたくさんいますよね。
というか純粋な人間っていないんじゃ…
パーティ全員、なんかしら動物の要素もってるし…
ある意味そっち系が大好きな人にはたまらん作品なのやも。

ちょっとアレな話ですが。
リンプーというキャラがいるんですけどね。
そのキャラ、性別的には女なんですが、なんも穿いてないんですよね…
獣的な下半身(?)で毛が生えてるだけ。
でも女。
この設定考えた人は色々な意味でヤバい。
なんで誰も止めなかったんだ…
でも、そのおかげかなんなのか、一部では熱狂的に支持を受けてるそうで。
はぁー。
分からなくもないけどね、とゆーか分かる。
っていうかイベント的にリンプー好きな男が多そうだ。

連れてってもらえるなら古いアーケードゲーム機が置いてあるところとか?

RPGって本当に途中で放置したりすると、次どこへ行けばよかったのか忘れてますよね…
ブレスオブファイアⅡをやり始めたらどこへ行ったらいいのかわからなくてちょっと戸惑いました。
途中からでも話が分かりやすいようにする機能考えた人はそういうところ分かってますよね。
でも、正直、本当に面白かったらクリアするまで突っ走るから、そういう意味では保険的な機能。
ユーザーフレンドリーってやつです、うーん親切。

さて、今日の新聞のテレビ欄を見ていたら、「私をスキーに連れてって」がやるっていうじゃないですか。
ま、興味ないので見ないのですが。(まだ生まれてねーし)
自分が気になったのは、『に連れてって』の部分。
私をスキーに連れてってしかり、
私を野球に連れてってしかり、
南を野球に連れてってですよ!
(そもそもスキーのほうは野球から持ってきたものだが)
世になんと連れてってと言う女の多いことか!(実際はそうでもないと思うが)
むしろ草食系(笑)ってやつが本当にはやってるなら自分で連れてけっていう話ですよ。
実際のところどうなっているのかわかりませんので細かくは言えませんが、
男が女を連れ出すものだという風潮は実際ありますよね?(そうでもないか?)
ゲームでいえば、ブレスオブファイアⅤとかICOとか?
まああれらは対象である女の子が儚げっていうのもあるんですが。
でもこういう風潮って、自分の周りでは全然見られませんよ。
なぜかって?結局のところ内気がちなオタクの人たちはこう思ってるからです。
「俺を2次元に連れてって」って…
わぁー…
駄目人間ばんじゃーい…
FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。