スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バケモノの子

バケモノの子の放映開始にともなう細田監督特集ということで、
前日の金曜ロードショーで初めておおかみこどもの雨と雪を見たのですが、
誰を中心に映画を見ればいいのか?
親子3人それぞれを見せようとして中途半端になってないか?
と、楽しめたには楽しめたけど消化不良な部分が多かったと感じ、
母親と子どもの成長物語だから子持ちでも女でもない自分には合わなかったのかなあ。
なんて思いながら、バケモノの子の番宣を眺めていたのですが、
バケモノの子はバケモノの男と少年の話ということで、
そうか、今度は父親と子どもの話か、なら楽しめるかもしれない。
と考えて思い立ったが吉日、今日見てまいりました。

結論から言えば細田監督らしい手堅い面白さで安心しました。
構造的に言えばおおかみこどもとそんなに変わらないんですよね。
おおかみこどもは、狼人間と人間の間に生まれたハーフの子の育て方、
子どもが成長するとともに狼として生きるか人間として生きる中の葛藤を描いた。
バケモノの子は、お互い孤独を抱えるバケモノと人間の子が、
師弟関係を結び、父親と子のようにお互いが成長していく、
そして子が大人になって生き方と向き合っていく中での問題と葛藤を、
エンターテインメント仕立て(バトルを交えて)に描いた。
なので、おおかみこどもを見て首を傾げた身としては、
そうそうこういう話を求めていたんだよとなったのでした。

焦点を合わせる人物が減ったことでキャラの掘り下げはカバーできていたし、
どうしてそのキャラがその行動を選んだのかがはっきり解るのが良かったです。
不器用ながらもお互いがお互いを補い、
一人の人間(バケモノ?)として成長していくのが、
わかりやすく描写されており、見ている側にとっても気持ちのいいことですし、
それがまた物語終盤の大きな決断の場面で涙を誘いましたね…
ボロ泣きとは言わないまでもほろりと涙を流す場面が2,3回ありました。

人は一人では行きていけないという事を、今回も話におり込んできたんですけど、
おおかみこどもだと後半ではモブキャラたちと主人公の交流を描く部分が減っており、
その一人では行きてはいけないという説得力がいまいち出ていなかったのですが、
今回は初めから終わりまで主役二人のそばに多々良や百秋坊や楓というキャラが、
しっかりと二人を支える形で最後まで出てきていたので説得力が出てましたね。
バケモノと違い、人は誰しも闇を抱えて生きているということでもありましたが、
九太にはその支える人たちがしっかりと一人の人間として認めることで、
闇を克服し、それとは対比的に闇を抱えた人物と迎えさせたことも、
これまた解りやすいし、結果的に九太と熊徹の絆を
ハッキリと映してたのがまたグッド。
やっぱりわかりやすさってすごく大事だと思いましたね…

実は猪王山の方が立派で出来た人物のように思えていたが、
その実自分の子供とは向き合うことが出来ておらず、
戦闘力的にも精神的にも九太といることで成長した熊徹が、
親であることにも長であることにも適当な存在となる
って展開にも、
やっぱり胸に熱いものを感じずにはいられないですよ。
誰も熊鉄のことを認めなかったからこそ九太は熊徹に自分を重ね、
師弟関係を結んだあの初期の場面を思えば、
ふたりともよう立派になった…みたいなね。

後は要所要所で出てきたさりげない伏線も良かったかな。
白鯨は復讐の仇のためではなく自分自身と戦う物語だというセリフは、
もうひとりの自分とも言える一郎彦と向き合う九太
そのものだし、
メソメソ泣く奴は嫌いだという熊徹の言葉は、
最後泣きそうになる九太を
支えていたし…
他は…見ている最中はもっとあったと思うんですが、忘れた…w

とにかくおおかみこどもがあんまり楽しめなかったという人にはオススメしたいですね。
勿論楽しめた人も安心して楽しめると思います。
細田監督作品でエンタメ作品としてはサマーウォーズが一番面白いと思いますが、
テーマとそれに合わせた物語作品で言うなら今回が一番すきですね。
大雑把で不器用だけど根はやさしいキャラには弱いですw
スポンサーサイト

シュガーラッシュ

突発的に映画が見に行きたくなり、
ゲームを題材にしている映画ということと、
ディズニー映画だから出来は保証されているようなものとの判断で、これをチョイスしました。
結論から言ってしまえば安心安定のクオリティ。
カップル客が多かったけど、一人でいってよかったなと思える内容でした。

というのもゲームが題材ということもあって、ゲームネタがそこらかしこに盛りだくさん。
ゲーム好きの人ならかなり楽しめると思うけど、知識があればもっと楽しめると思います。
例えば作中で悪役の会?なるものがあるのですが、そこに出てくるキャラクターたちに
クッパ・エッグマン・ベガ・ザンギエフなどなど出てくるわけですから
ニヤニヤしてしまう顔を抑えられるわけがない!
悪役だけじゃなく、ソニック・リュウ・ケン・春麗・パックマン・ディグダグなどなど、
画面を一時停止してじっくり眺め回したい気分に度々なりました。
彼らはあくまでネタとして出てくるので出る場面はほとんど一瞬だったりするのですが、
それでも映画で見知ったゲームキャラが動いてるだけでこんなに心躍るわけですから、
楽しめないはずがないわけですよ、ほんと!
こんなの普通の彼女連れてきた日には興奮隠しきれずにドン引きされちゃうからね……

物語も笑えるところは笑わせるし、シリアスなところはきちんと締めて、
泣かせる場面にきちんとこっちを落としに来るので、少し泣きました。
近くにいた男の子なんかグスグス泣き声漏らしてましたからねー。
しっかりこちらの感情を揺さぶってくる辺りやっぱりいい話だったと思います。
誰しもヒーローになりたいわけだけど、
本当のヒーローには何が必要になってくるか……
是非映画館に行って確かめて欲しいところです。
ということで泣き顔なんてあまり人に見せたいものじゃないし、一人でいって正解……と。

ゲームネタが多いといったけど、キッチリゲームを参考、研究して、
映画らしいエンターテイメント性に落とし込んでいたところにかなり好感を持ちました。
ニンドリのインタビューにもあったけど、作中のレースはマリオカートを参考にしたそうですし。
というか主人公のラルフもラルフの出るゲームの主人公フィリックスも、
ドンキーコングを参考にしているとしか思えないしねえ……(笑)
悔しいことにわからないゲームキャラも多かったし、
家に帰って調べようと思わずにはいられなかったです。
Qバートとかわからんよ!
そんな訳でゲーム好きな人は絶対に見に行くべきですね。
ゲーム好きじゃなくても楽しめる内容ですが、ゲームが好きならもっと楽しめる、コレ大事。

そうそう、前情報はあんまり入れずに見に行ったけどこれも正解だったかなと思います。
まだ見てない人がいたらWikipediaだけは絶対に見ちゃいかんですよ!
というか調べないで見に行って!
というのも、Wikiの方にはストーリー丸々全部書かれちゃってるし、
ムービーにしろ文字にしろ、結構重要なことポロッと見ちゃいますからね。

あとそう、どうでもいいような話だけど、
意外だったのが、コナミコマンドって海外でも有名なのねってこと。
なんか日本だけの文化のように思えてたから、すごい意外だった。

サマーウォーズ

昨日の夜。
母「えーっと?なんだっけ?僕らのウォーズ?・・・」
自分「・・・サマーウォーズじゃないの、それ。」
母「ああ、そうそう!それ、見に行こうかなと思ってる。」
サマーウォーズ・・・見たかったんだよな!
でも、お金もないし・・・よし!
自分「俺も連れてって。」
というわけで見てまいりました。

個人的に超満足!
普段映画を良く見ていて、面白いとあまり言わない母も面白いと言ってたし!
なにより、普段アニメをあまり見ない人でも楽しめると言うのは十分すごいでしょ!

お約束と言うか、オタク属性を持っている人ならもっと楽しめると思います。
そんなネタがちらほら・・・

自分は泣きませんでしたが、展開が熱く、燃えました!

以下、色々思うこと、考えたことを書きます。
ああ、設定資料欲しい!

コメント返信は、これからコメントで返します・・・
こういうときに困る!

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

peppo

Author:peppo
普段ゲームに関して思うこと、ゲームの感想などを書いていこうと思います。
ほぼ日記ですが。

リンクを張ってくださる方はどうぞお気軽に。
張った際に一声かけてもらえれば助かります。

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/4920

NNID
peppoppo

ドラクエ10
ペッポ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
3DS (4)
Wii (3)
DS (4)
SFC (2)
PS (2)
GB (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。